宮沢りえがふっくらお腹で登場。「ゼラチンシルバーLOVE」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月9日 > 宮沢りえがふっくらお腹で登場。「ゼラチンシルバーLOVE」初日
メニュー

宮沢りえがふっくらお腹で登場。「ゼラチンシルバーLOVE」初日

2009年3月9日 12:00

りえが出産したら、“ママりえ”ですね「ゼラチンシルバーLOVE」

りえが出産したら、“ママりえ”ですね
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 写真家・操上和美の初監督映画「ゼラチンシルバーLOVE」が初日舞台挨拶が、東京・銀座テアトルシネマにて行われ、宮沢りえが、主演の永瀬正敏と操上監督とともに登場した。

その日は、先月13日に元プロサーファーとの結婚と妊娠6カ月が明らかになった宮沢が発表以来初登場するとあって、会場には報道陣150人が殺到した。

体のラインを隠すようなゆったりしたロングのワンピースを着た宮沢が登場すると、カメラのフラッシュが一斉に焚かれ、服の上からもお腹のふくらみが確認できた。そんな宮沢に、永瀬と操上監督から祝福の花束がプレゼントされると、彼女は「想像してなかったのでビックリです!」と大感激。結婚妊娠について語ることはなかったが、舞台上で時折お腹をさすり、終始幸せそうな微笑みを浮かべ、観客からの「おめでとう!」という呼びかけにも笑顔で応じていた。

ゼラチンシルバーLOVE」は、向かいの部屋に住む女を盗撮する男(永瀬)と、彼に監視され続ける女(宮沢)がたどる運命を描いた物語。永瀬と宮沢は、「セリフは少ないけど、操上さんの画(映像)の力で(物語を)語っていると思う」(永瀬)、「言葉や情報よりも、静寂によって強い想いを語ることができると感じた」(宮沢)と、写真界の第一人者である操上監督ならではの演出力を絶賛した。

操上監督によると、宮沢とは「(写真家と被写体として)りえちゃんが16歳頃からのつきあい」なのだそうで、今回のキャスティングについても「美しさともろさ、芯の強さを兼ね備え、さらにはセクシャルな存在でもある役柄だったので、りえちゃんしか考えられなかった」と、宮沢が同作になくてはならない存在だったことを強調。宮沢も「操上監督の映画初監督作という素敵な瞬間に立ち会えてうれしい」と喜んだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi