巨大伊勢エビのフライに堺雅人が舌鼓。「南極料理人」撮影現場を直撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月9日 > 巨大伊勢エビのフライに堺雅人が舌鼓。「南極料理人」撮影現場を直撃
メニュー

巨大伊勢エビのフライに堺雅人が舌鼓。「南極料理人」撮影現場を直撃

2009年3月9日 12:00

消え物も美味で豪華な現場に出演陣は連日舌鼓?「南極料理人」

消え物も美味で豪華な現場に出演陣は連日舌鼓?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年の「クライマーズ・ハイ」の熱演が高く評価された堺雅人の主演3作目「南極料理人」(8月公開)が3月6日にクランクアップを迎えた。それに先立つ2月14日、東宝スタジオ(東京世田谷区砧)での撮影がマスコミに公開され、主演の堺をはじめ、沖田修一監督、共演の生瀬勝久きたろう高良健吾、そして豊原功補が取材に応じた。

本作は、第38次南極地域観測隊の料理人として南極に派遣された西村淳のエッセイを原作とし、地の果てにある南極ドームふじ基地で仕事をする8人の男たちを描くハートウォーミングコメディ。堺扮する料理人による高級食材を使った料理の数々も見どころの一つで、この日の撮影では“消え物”(演技で食べられてしまう小道具)として巨大な伊勢エビのフライが登場し、堺は「美味しかった」と満面の笑み。

1月下旬に北海道の網走でクランクイン。厳寒の地でのロケエピソードを聞かれると、「毎晩、キャストの方々とお酒を飲んで仲良くなれました」(堺)、「おばあちゃんの知恵袋のようなネタから構造主義まで(笑)、いろんな話をしました」(豊原)、「みんなで食べたご飯は、どこに行っても美味しかった」(高良)などと、越冬隊員さながらに結束を深めた様子。また、「1年間南極に行くとしたら?」との質問には、生瀬が「そういう経験ができることに価値を見いだしたい。で、帰ってからどれだけしゃべれるかが大事。僕は1年間(南極ネタを)拾い続けます!」と熱弁をふるった。

堺は役作りにあたり、中華鍋の使い方や盛りつけの手順、手打ちラーメンの作り方に至るまでひと通りの料理指導を受けたほか、実際に南極に派遣された料理人たちに会ったという。「誰かの記念日や誕生日を楽しそうにお話ししてくださる方がいて。料理はもちろんですが“おもてなし好き”なんでしょうね。だから僕も僕なりに『隊員たちに何ができるだろう?』と考えながら現場に居続けると思います。『ご飯まだ?』って聞く人のキラキラした目を見ると、頑張って料理作ろう!って気になります」

だが本作は、料理の描写だけがメインの映画ではなく、堺は「料理を媒介にして結びつく人たちの人間模様を見てほしい」と熱くPRした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi