キーラ・ナイトレイがカズオ・イシグロ原作のSF「わたしを離さないで」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月3日 > キーラ・ナイトレイがカズオ・イシグロ原作のSF「わたしを離さないで」に主演
メニュー

キーラ・ナイトレイがカズオ・イシグロ原作のSF「わたしを離さないで」に主演

2009年3月3日 12:00

オスカーも狙えそう!?「わたしを離さないで」

オスカーも狙えそう!?
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キーラ・ナイトレイが、日本生まれの英国人作家カズオ・イシグロの小説「わたしを離さないで」(原題「Never Let Me Go」)を原作としたSF映画に主演することが決まった。

米バラエティ誌が報じたもので、同作はフォックス・サーチライトが製作する、「ストーカー」のマーク・ロマネク監督の7年ぶりの新作。昨年、「ウルフマン」(09年末公開)をクランクイン直前に降ろされたロマネク監督にとって、起死回生の作品となる。

原作は、「日の名残り」の原作者イシグロが05年に発表した小説で、同年の英ブッカー賞最終候補作。外界から隔絶された施設ヘールシャムで“提供者”の世話をしている優秀な“介護人”キャシー(ナイトレイ)は、同じ施設で生まれ育った親友のトミーやルースが“提供者”となった時、自らに課せられた運命を知る、というストーリー。その脚色に、「28週後...」の脚本家アレックス・ガーランドがあたる。

ナイトレイ演じる主人公の親友役に、「パブリック・エネミーズ」(主演ジョニー・デップ)が控えるキャリー・マリガン、「ブーリン家の姉妹」のアンドリュー・ガーフィールド。英ロンドンとノーフォークで4月から撮影開始予定だという。

共同製作が、フォレスト・ウィテカーに米アカデミー主演男優賞をもたらした「ラストキング・オブ・スコットランド」、ダニー・ボイル監督のSF映画「サンシャイン2057」「28日後...」を手がけた英DNAフィルムだけに、オスカーへの期待もつきない。

ナイトレイの最新作は、故ダイアナ元妃の祖先デボンシャー公爵夫人を演じた米アカデミー衣装デザイン賞受賞作「ある公爵夫人の生涯」(4月日本公開)。以後も、文豪フィッツジェラルドの妻ゼルダを演じる「美しく呪われし者(The Beautiful and the Damned)」、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカルのリメイク「マイ・フェア・レディ」など、話題作が目白押しだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi