成宮寛貴、水嶋ヒロらが品川監督をベタ褒め!「ドロップ」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月3日 > 成宮寛貴、水嶋ヒロらが品川監督をベタ褒め!「ドロップ」会見
メニュー

成宮寛貴、水嶋ヒロらが品川監督をベタ褒め!「ドロップ」会見

2009年3月3日 12:00

監督業は病み付きになりそう?「ドロップ」

監督業は病み付きになりそう?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが自身の体験をもとに原作・脚本・監督を務めた青春映画「ドロップ」の記者会見が、3月2日、東京・新宿の吉本興行東京本部の中庭にて行われ、主演の成宮寛貴水嶋ヒロ本仮屋ユイカ中越典子品川ヒロシ監督が登壇した。

不良に憧れるヒロシ(成宮)は私立から不良の集まる公立の中学校に転校し、口達者が気に入られてカリスマ達也(水嶋)率いる不良グループに仲間入りするが、ある日思いがけない事件が起きる。

寒空の下行われた会見で、「ケンカは健康的なコミュニケーション!」と成宮が元気よく挨拶すると、初の不良役に挑戦した水嶋は、「僕は体脂肪が人より少ないのでこの寒さは過酷。日本中の人に見てほしいけど……寒い」と不良らしからぬ弱気な発言。本作で初監督を務めた品川は、「撮影や編集が楽しくて、特別なことをしているつもりはなかったが、こうして記者会見を開くとなると凄いことやったんだなと思う。あと、成宮君のスーツに驚いた」と、真っ赤なスーツで登場した成宮をネタに笑いを取っていた。

そんな品川監督をキャスト陣が一言で表すと、「マジシャン。現場の空気を自由にコントロールできる人」(成宮)、「天才。初監督とは思えない仕上がり」(水嶋)、「繊細。ラストまで愛情深い視点で作られている」(本仮屋)、「空。太陽のような存在」(中越)と全員揃ってベタ褒めし、これには品川監督も照れ笑いを隠せない様子だった。

ドロップ」は3月20日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi