ジェイク・ギレンホール主演で、「くたばれ!ヤンキース」リメイク! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月2日 > ジェイク・ギレンホール主演で、「くたばれ!ヤンキース」リメイク!
メニュー

ジェイク・ギレンホール主演で、「くたばれ!ヤンキース」リメイク!

2009年3月2日 12:00

野球の練習はこんな感じ?「くたばれヤンキース」

野球の練習はこんな感じ?
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェイク・ギレンホールジム・キャリー主演で、ニューラインシネマが1958年のミュージカル映画「くたばれ!ヤンキース」(原題「Damn Yankees」、スタンリー・ドーネンジョージ・アボット監督)をリメイクするという。米バラエティ誌が伝えたもので、ギレンホールとキャリーの2人はミュージカル映画初挑戦になる。

同企画は、55年にブロードウェイで初演され、翌年トニー賞6部門を制覇したミュージカル劇を現代風にアレンジするもので、主人公は、熱狂的な野球ファンの中年男ジョー・ボイド。彼は、憎きニューヨーク・ヤンキースを破ってひいきのチームを優勝させるために、悪魔に魂を売って、超人的なホームラン打者ジョー・ハーディに乗り移り、チーム快進撃の立役者となるが、そんな彼を誘惑するため、悪魔はセクシーな魔女ローラを送り込む、というストーリー。

ギレンホールが(58年の映画版でタブ・ハンターが演じた)主人公ジョー・ボイドを、キャリーが悪魔を演じる予定。注目の監督やセクシー女優がローラ役はまだ決まっていないが、現在は「ヘアスプレー」「シカゴ」を製作したクレイグ・ゼイダンニール・メロンのコンビが、脚本家のローウェル・ガンツババルー・マンデル(「スプラッシュ」「プリティ・リーグ」)を雇い、脚本の完成を急がせているところだという。

実はこのミュージカル、5年ほど前にミラマックスが一旦リメイクに動いているが、少々古典的に聞こえる50年代のナンバーを現代的にアレンジできなかったため企画が頓挫したことがある。今回、ギレンホールとキャリーには歌とダンス(舞台版&映画版とも振付は故ボブ・フォッシー)という難題が待ち受けるほか、特にギレンホールには野球の特訓も必要となるだけに、かなり野心的なプロジェクトではある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi