玉山鉄二「引退が早まった」と告白?「カフーを待ちわびて」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月2日 > 玉山鉄二「引退が早まった」と告白?「カフーを待ちわびて」初日
メニュー

玉山鉄二「引退が早まった」と告白?「カフーを待ちわびて」初日

2009年3月2日 12:00

沖縄ロケの楽しい思い出を語るキャスト陣「カフーを待ちわびて」

沖縄ロケの楽しい思い出を語るキャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恋愛小説を広く発掘するためにスタートした日本ラブストーリー大賞の第1回大賞受賞作を映画化した「カフーを待ちわびて」の初日舞台挨拶が、2月28日に東京・新宿バルト9で開催され、主演の玉山鉄二マイコ沢村一樹勝地涼宮川大輔らが舞台挨拶を行った。

本作は、沖縄の小さな島を舞台に、愛犬カフーと暮らす不器用な青年(玉山)と、ある日突然、島にやってきた美しい女性(マイコ)の恋のゆくえを描いたラブストーリー。

主演を務めた玉山は、約1カ月間の沖縄ロケを振り返り、「太陽だったり、自然だったり、身近にあるものがこんなにキレイなものだったんだと日々感じていた」とコメント。沖縄でマイペースに生きる主人公と自分自身を重ね合わせて、「どっちかいえば、僕もそっち側の人間ぽいなと。東京ではあまりにも時間が過ぎ去るペースが速い。たぶん、この映画に出会って、僕の引退は早くなったかな」と冗談交じりに語っていた。

一方、島に突然やって来るヒロインを演じたマイコ(「山のあなた 徳市の恋」)は「幸せって身近にあるんだなってことだったり、周りの人を大切にしようだったり、皆さんにもそう思っていただけるとうれしいです」と作品が持つ温かなメッセージをアピール。

宮川は「現場のいい雰囲気が映画にも出ている。来年のアカデミー賞、『おくりびと』に続いて獲ると思いますよ」と語ると、沢村も「沖縄楽しかったです。言える話、言えない話いろいろあるんですけど。スタッフの何名かは近くの居酒屋、出禁(出入り禁止)になってます」と明かすなど、キャスト陣はおのおの、沖縄での撮影を楽しんだ様子だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi