ソ・ジソブ、兵役後初の主演作で万感。「映画は映画だ」ジャパンプレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月27日 > ソ・ジソブ、兵役後初の主演作で万感。「映画は映画だ」ジャパンプレミア
メニュー

ソ・ジソブ、兵役後初の主演作で万感。「映画は映画だ」ジャパンプレミア

2009年2月27日 12:00

兵役経験も俳優業にプラスになった?「映画は映画だ」

兵役経験も俳優業にプラスになった?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国ドラマ「ごめん、愛してる」「バリでの出来事」の大ヒットでトップスターとなったソ・ジソブが、兵役後初の本格復帰を果たした主演作「映画は映画だ」のジャパンプレミアが2月26日、東京・新宿の新宿ミラノ1で開催され、ジソブとチャン・フン監督が舞台挨拶を行った。

本作は、映画俳優の夢を捨てきれないヤクザのガンペ(ジソブ)が、ヤクザよりも暴力的でプライドが高い映画俳優のスタ(カン・ジファン)に誘われ、映画出演を果たすというヒューマンドラマ。韓国映画界の鬼才、キム・ギドクが原案と製作を手がけ、長年、彼の助監督を務めてきたフン監督が今回、長編監督デビューを飾った。

会場を埋め尽くした熱狂的なファンを前に「こうして皆さんとお会いできて、本当にうれしく思います。公開前からこのように関心を寄せていただいて、ありがとうございます」と深々と頭を下げたジソブは、本作で演じたガンペという男について「彼はずっと映画俳優になることを夢見ていました。僕自身、兵役で3年間ほど仕事を休んでいて、ずっと演技がしたいと願ってきただけに、ガンペの気持ちにものすごく共感できました」と役柄への強い思い入れを語った。

一方、師匠であるキム・ギドクの原案をもとに脚本を書きあげたフン監督は「ガンペ役を演じる俳優として、まっ先に頭に浮かんだのがソ・ジソブさんだった」とコメント。当初はスケジュールの都合で起用が危ぶまれただけに「あまり口には出さなかったが、出演を引き受けてくれた時は、本当にうれしかった。すばらしい俳優と仕事ができ、感謝しています」とデビュー作で得た満足感を明かしていた。

映画は映画だ」は3月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi