マット・デイモンがP・K・ディック原作「調整班」の映画化に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月27日 > マット・デイモンがP・K・ディック原作「調整班」の映画化に主演
メニュー

マット・デイモンがP・K・ディック原作「調整班」の映画化に主演

2009年2月27日 12:00

ディックの原作を 異色のSFラブストーリーに「ボーン」

ディックの原作を
異色のSFラブストーリーに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マット・デイモンが、「ボーン」シリーズの脚本家と組んで、SF作家フィリップ・K・ディックの短編「調整班(Adjustment Team)」の映画化企画「アジャストメント・ビューロー」に主演することが分かった。

米バラエティ誌によれば、本作の監督・脚本を務めるのは、「ボーン・アルティメイタム」「オーシャンズ12」でもデイモンとタッグを組んだ脚本家のジョージ・ノルフィで、本作が監督デビューとなる。またノルフィは、「ボーン」シリーズ4作目の脚本も手がけることが決定している。

ブレードランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」といったSF映画の原作者としても知られるディックの54年の作品「調整班」(新潮文庫「悪夢機械」所収)は、不動産セールスマンを主人公に、すべてがある超越した存在によって“調整”されている世界を描いたSFファンタジー。

もっとも、ノルフィの脚本は原作を忠実に脚色したものではなく、映画は一種の“SFラブストーリー”になるという。

なお、本作については現在スタジオ各社が競争入札を展開中だが、週末には決着する模様。撮影開始は今夏に予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi