ベン・スティラーが挙動不審のホアキン・フェニックスを真似て客席は大爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月25日 > ベン・スティラーが挙動不審のホアキン・フェニックスを真似て客席は大爆笑
メニュー

ベン・スティラーが挙動不審のホアキン・フェニックスを真似て客席は大爆笑

2009年2月25日 12:00

フェニックスそっくりの外見&挙動に場内は拍手喝采「スラムドッグ$ミリオネア」

フェニックスそっくりの外見&挙動に場内は拍手喝采
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第81回アカデミー賞授賞式で、撮影賞のプレゼンターとしてナタリー・ポートマンとともに登壇したベン・スティラーが、昨年、俳優業を引退しヒップホップのミュージシャンに転向すると宣言したホアキン・フェニックスを真似て、客席のスターたちの大爆笑を誘った。

伸ばし放題のアゴヒゲにサングラス、ガムを噛みながらうつろな様子でポートマンの隣に立ったスティラー。これは2月11日、米CBSの人気トーク番組「レイト・ショー・ウィズ・デビッド・レターマン」に登場した際のフェニックスを揶揄したもので、この時フェニックスは引退作となる自身の新作映画「Two Lovers」のプロモーションのために出演したにも関わらず、黙り込んだ挙句に共演者のグウィネス・パルトロウの名前を忘れたり、司会者デビッド・レターマンに注意されて口から出したガムをレターマンの机の裏に貼り付けたりと、尋常ではない挙動で世間を驚かせた。

壇上のスティラーは、ポートマンに指摘されてガムを机に出したり、「『スラムドッグ$ミリオネア』は携帯カメラで全編撮影したって本当か?」と語ったり、「俺はもう“面白い男”から引退したい」とつぶやいたりと、フェニックスを彷彿とさせる言動で場内は大盛り上がり。人気コメディアンのスティラーらしい、爆笑パフォーマンスとなった。

なお、撮影賞は「スラムドッグ$ミリオネア」(4月18日日本公開)のアンソニー・ドッド・マントルが受賞し、ダニー・ボイル監督やスタッフらに感謝すると喜びを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi