ラジー賞は「ラブ・グル」。最多受賞はパリス・ヒルトン! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月23日 > ラジー賞は「ラブ・グル」。最多受賞はパリス・ヒルトン!
メニュー

ラジー賞は「ラブ・グル」。最多受賞はパリス・ヒルトン!

2009年2月23日 12:00

最悪助演女優賞受賞作品 でのプレミアのパリス「愛の伝道師 ラブ・グル」

最悪助演女優賞受賞作品
でのプレミアのパリス
Photo:Splash/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ラジー賞」とも呼ばれる、08年の“最悪”だった俳優や映画を表彰する祭典、第29回ゴールデン・ラズベリー賞の授賞式が2月21日、米ハリウッドのバーンズデール・ギャラリー・シアターで行われた。

最悪作品賞には、最多7部門にノミネートされていたマイク・マイヤーズ主演・脚本のコメディ「愛の伝道師 ラブ・グル」が輝いた。ジェシカ・アルバジャスティン・ティンバーレイクなど大スターを揃えて6200万ドルで製作された同作は、昨年夏の公開時に製作費の約半分の3220万ドルしか全米興収を上げられなかった“ボックスオフィス・ボム(失敗作)”。日本では劇場公開が見送られ、ラジー賞ノミネートが発表された1月23日にDVDがリリースされた。

主演したマイヤーズは個人部門で、最悪主演男優賞と最悪脚本賞(グラハム・ゴーディと共作)を受賞した。

そのマイヤーズを上回る(不)名誉な最多3部門受賞に輝いたのは、お騒がせセレブでもあるパリス・ヒルトンで、最多3部門を受賞。「The Hottie and The Nottie」で最悪主演女優賞と最悪スクリーンカップル賞、「Repo! The Genetic Opera」で最悪助演女優賞を獲得。主演・助演をW受賞した。

また最悪助演男優賞は、ミュージカル「マンマ・ミーア!」で見事なダミ声を披露した前ジェームズ・ボンドのビアース・ブロスナンに。最悪“前編・リメイク・リップオフ・続編”賞は、最後のオチに失望する人が多かった「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」に。

最悪監督賞は、「1968: Tunnel Rats」「In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale」「Postal」とおバカ映画を3連発したドイツ人監督ウーベ・ボルに。ボル監督は同時に、長年の同賞への“貢献”が考慮され、「エド・ウッドへのドイツ式返答」として最悪功労賞にも輝いた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi