ケイト・ウィンスレット、「もうヌードシーンはやらない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月20日 > ケイト・ウィンスレット、「もうヌードシーンはやらない」
メニュー

ケイト・ウィンスレット、「もうヌードシーンはやらない」

2009年2月20日 12:00

オスカーでケイトの受賞スピーチが聞きたい!「愛を読むひと」

オスカーでケイトの受賞スピーチが聞きたい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「愛を読むひと」(スティーブン・ダルドリー監督/6月19日日本公開)でアカデミー主演女優賞候補となり、ノミネート6回目にして初受賞の期待がかかるケイト・ウィンスレットが、授賞式を前に一足早く米タイム誌最新号の表紙を「ベスト・アクトレス」の称号と共に飾り、ロングインタビューに答えている。

今年の賞レースではこれまでのところ、ゴールデングローブ賞で主演女優賞(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」)と助演女優賞(「愛を読むひと」)の2冠、英アカデミー賞でも主演女優賞(「愛を読むひと」)と連勝中のウィンスレット。

はたから見れば絶好調といったところだが、“映画スター”と呼ばれることに戸惑いを感じるというイギリス人らしい堅実さを持つ彼女にとって、華やかなスポットライトを浴び続けることはそれなりに堪えるようで、数週間前に生まれて初めてのパニック発作を経験したことを明かしている。

また、過去にも「タイタニック」「リトル・チルドレン」などで大胆なヌードを披露してきたウィンスレットだが、「愛を読むひと」では全裸になり、一部の評論家から「ヌードによってホロコーストを矮小化している」と非難されるという一件もあった。

もちろん、ウィンスレットとしては常に必然性のあるヌードシーンに体当たりで挑戦してきたわけだが、今回のインタビューで「今後はもう映画で脱がないと思う」と語っている。理由は、「ひとつには、そういつまでも自分の体が通用するとは思っていないのと、もうひとつ、『ああ、あの必ず脱ぐ女優ね』とは言われたくないから」だそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi