定年退職を迎えた鉄道員の物語「ホルテンさんのはじめての冒険」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月20日 > 定年退職を迎えた鉄道員の物語「ホルテンさんのはじめての冒険」
メニュー

定年退職を迎えた鉄道員の物語「ホルテンさんのはじめての冒険」

2009年2月20日 12:00

日本映画にも造詣が深いハーメル監督「ホルテンさんのはじめての冒険」

日本映画にも造詣が深いハーメル監督
(C)MASAHIRO MIKI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 定年退職を迎えた真面目な鉄道員ホルテンの冒険を描いたノルウェー映画「ホルテンさんのはじめての冒険」が2月21日から公開される。「卵の番人」「キッチン・ストーリー」「酔いどれ詩人になるまえに」といった作品で知られるベント・ハーメル監督が公開を前に来日し、インタビューに応じてくれた。

本作は、ノルウェーの国有鉄道で40年勤め上げて定年を迎えた鉄道運転士ホルテン(ボード・オーベ)が、退職前夜の送別会で起こった事件をきっかけに、今までの規則正しい生活の中では起こらなかったさまざまなことを体験するというストーリー。

これまでの作品同様、本作でも脚本を手がけているハーメル監督だが、今回は違ったアプローチで脚本を仕上げたという。「これまでは最初に核となるテーマやイメージが思い浮かんで、それを拡大させるような作り方だったけど、今回は思い浮かんだパーツをかき集めて、それをまとめて作り上げたんだ」

卵の番人」「キッチン・ストーリー」などユーモア溢れる作風で知られるが、本人としてはコメディを作っているつもりはないという。「実際、映画の中にユーモアはあると思うけど、意図的に笑わせようとしているわけではなく、キャラクターの人生を深く掘り下げるときに、可笑しいことが起こっているということだと思う。こういったメランコリー(哀愁のある)ユーモアっていうのは、もしかしたらノルウェーを含むスカンジナビア特有のものかもしれないね」

「ホルテンは日本人のようなところがある」と語る監督。小津安二郎作品で数多く主演した笠智衆を引き合いに出すと「学生時代は黒澤明作品をはじめ多くの日本映画を見た。当然、小津監督の映画もその中にはあったので何かしらの影響は受けていると思う。この映画を日本でリメイクしたら面白いかもしれないよ」と微笑んだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi