「ディパーテッド」脚本家が、グリシャムの新作スリラーを映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月18日 > 「ディパーテッド」脚本家が、グリシャムの新作スリラーを映画化!
メニュー

「ディパーテッド」脚本家が、グリシャムの新作スリラーを映画化!

2009年2月18日 12:00

脚本家モナハン&原作者グリシャム という大物ゲット!「ディパーテッド」

脚本家モナハン&原作者グリシャム
という大物ゲット!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー作品・監督・脚色・編集賞受賞作「ディパーテッド」の脚本家ウィリアム・モナハンが、パラマウント・ピクチャーズで、ジョン・グリシャムの新作リーガルスリラー「ジ・アソシエイト(The Associate)」を脚色、メガホンも取ることになりそうだ。主役にはシャイア・ラブーフが決まっている。

米バラエティ誌によると、パラマウントは昨年末に、グリシャムの22冊目となるその新刊小説の映画化権を獲得。プロデューサーを務めるロレンツォ・ディボナベンチュラが、「トランスフォーマー/リベンジ」(6月公開)のセットで、シャイア・ラブーフとゲラ刷りの小説を読んだという。なお、原作小説は今年1月に米ランダムハウス社から刊行されている。

ラブーフが演じるのは、ネットを通じて脅迫を受けているイェール大学の法学生。彼は何者かの力で、大手法律事務所での職を得て、数百億ドルという国家予算級の訴訟問題に取り組むというストーリー。撮影のスケジュールなどは追って発表される予定だ。

モナハンと言えば、今夏よりロンドンで撮影が始まる「ロンドン・ブールバード(London Boulevard)」でいよいよ映画監督デビューを飾る。同作は、ケン・ブルーウンの同名犯罪小説が原作で、モナハンが自ら脚色にあたっているが、先月末にはキーラ・ナイトレイコリン・ファレルといったA級英国人俳優のキャスティングも決まり、撮影開始を待つばかりだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi