D・ワシントン×J・トラボルタ。「サブウェイ・パニック」予告編が大評判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月18日 > D・ワシントン×J・トラボルタ。「サブウェイ・パニック」予告編が大評判
メニュー

D・ワシントン×J・トラボルタ。「サブウェイ・パニック」予告編が大評判

2009年2月18日 12:00

トラボルタは、見事な悪役ぶり!「サブウェイ・パニック」

トラボルタは、見事な悪役ぶり!
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニューヨークの地下鉄が武装した犯人グループにハイジャックされた。1974年の傑作サスペンス「サブウェイ・パニック」(ジョセフ・サージェント監督)をリメイクする、トニー・スコット監督の「The Taking of Pelham 123」の予告編が米ソニー・ピクチャーズ公式サイトに掲載され、欧米の映画サイトで評判になっている。

オリジナル版は、ジョン・ゴーディの同名小説を脚本家ピーター・ストーン(「シャレード」「スイート・チャリティ」)が脚色。地下鉄公安局部長ウォルター・マッソーと、犯人グループのリーダー、ロバート・ショウの手に汗握る駆け引きをスリリングに描き切り、パニック映画全盛の70年代に屈指の傑作サスペンスと高い評価を得ている傑作だ。

オリジナルを忠実になぞらえた新版は、「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」の脚本家として有名なブライアン・ヘルゲランドが脚色。地下鉄公安局部長ザカリー・ガーバー役がデンゼル・ワシントン、犯人グループのリーダー、Mr.ブルーことバーナード・ライダー役がジョン・トラボルタと配役も一新。予告編を見ると、特にトラボルタの「フェイス/オフ」以来の名悪役ぶりが目をみはるばかりで、「トップガン」のスコット監督も、せわしないカッティングでニューヨークのストリートの息づかいをスリリングにつむぎ出している。

同作は6月12日全米公開、日本では今秋公開予定。リメイク企画が大流行の現在だが、このリメイクだけは大いに期待できそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi