クリストファー・ノーラン監督の次作は「バットマン3」にあらず! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月16日 > クリストファー・ノーラン監督の次作は「バットマン3」にあらず!
メニュー

クリストファー・ノーラン監督の次作は「バットマン3」にあらず!

2009年2月16日 12:00

WBはノーラン監督の才能を 手放したくない様子「ダークナイト」

WBはノーラン監督の才能を
手放したくない様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2008年の全米ボックスオフィスで5億ドルを突破し、歴代第2位のメガヒットとなった「ダークナイト」。そのクリストファー・ノーラン監督の注目される次回作は、「バットマン」シリーズ第3作ではなく、ノーラン自筆による「インセプション」(“開始、発端”の意)というSFアクション映画に決まった。

米バラエティ誌によると、製作するワーナー・ブラザースは「現代的なSFアクション」として、2010年夏の超大作としての公開を目指し、今夏にも撮影開始。ノーラン監督は長年のパートナーであるエマ・トーマスと共同プロデュースする。

ワーナー・ブラザース・グループのジェフ・ロビノフ社長は「彼が作る映画それぞれについて、水準を引き上げさせたい」とノーラン監督への全面支援を約束する声明を発表。

オリジナル脚本ながら、サマームービーの超大作予算を充当されたノーラン監督が、ワーナー側に「ダークナイト」続編のメガホンを取ることを了承するのか、今後の展開が楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi