宮崎あおいの胸を揉んだと、ユースケ・サンタマリアが爆弾発言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月16日 > 宮崎あおいの胸を揉んだと、ユースケ・サンタマリアが爆弾発言!
メニュー

宮崎あおいの胸を揉んだと、ユースケ・サンタマリアが爆弾発言!

2009年2月16日 12:00

下ネタ攻撃にもタフな宮崎は動じず!「少年メリケンサック」

下ネタ攻撃にもタフな宮崎は動じず!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宮崎あおいが本格的なコメディに初挑戦した宮藤官九郎監督・脚本作品「少年メリケンサック」の初日舞台挨拶が2月14日、丸の内TOEI1にて行われ、宮崎あおい宮藤官九郎監督のほか、佐藤浩市木村祐一勝地涼田口トモロヲ三宅弘城ピエール瀧ユースケ・サンタマリアが登壇した。

本作は、レコード会社のダメOL・かんな(宮崎)が、動画サイトで偶然発見した中年パンクバンド“少年メリケンサック”を売り出そうと奮闘するコメディ。宮藤監督にとっては「真夜中の弥次さん喜多さん」以来、2作目の監督作品となる。

壇上にズラッと並んだキャスト陣をあらためて見渡した宮藤監督は開口一番、「本当に僕、よくこの人たちをまとめてきたな、と正直思います」と苦笑。今回、初タッグを組んだ国民的女優、宮崎については「現場ではその場で台詞や動きをコロコロ変えながら、芝居をつくっていった。それに対する反応がすごく速く、とてもやりやすかったです」と大絶賛。

これに対して宮崎は「台本通りじゃなくて、何回もテストしていくことでどんどんシーンの一つ一つが良くなっていった。すごく楽しかったし、本当にいい現場でした」と笑顔で語った。


曲者ぞろいのキャストがズラリ「少年メリケンサック」

曲者ぞろいのキャストがズラリ
[拡大画像]

一方で、レコード会社社長に扮したユースケが「あおいちゃんの片胸をグッとつかむシーンがあって、監督が『もげるくらいに揉んでくれ』とワケのわからない演出をしてくるんですよ。2回ぐらいでバシッと決めてやりましたけどね(笑)」と爆弾発言。実際は、契約交渉を控えて緊張しているかんな(宮崎)の心臓の動悸を確かめようと、上司であるユースケが「どれどれ」とお触りするシーンだが、「残ってますよ、そん時の感触が……」とニヤリ。宮崎は「何とか大丈夫でした」と気丈に答えていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi