「エルム街の悪夢」リメイク版監督に、ミュージックビデオ出身の新鋭 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月13日 > 「エルム街の悪夢」リメイク版監督に、ミュージックビデオ出身の新鋭
メニュー

「エルム街の悪夢」リメイク版監督に、ミュージックビデオ出身の新鋭

2009年2月13日 12:00

[映画.com ニュース] 今年春の撮影開始が伝えられる「エルム街の悪夢」リメイク版の監督に、ミュージックビデオのディレクター出身で、今回初めて長編映画のメガホンを取るサミュエル・ベイヤーが決定したようだ。米ハリウッド・レポーター誌が報じている。

ベイヤーは、映画界でこそ無名だが、グランジ・ロックの雄ニルバーナの代表曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」(91)のPVなどで、ミュージックビデオ界ではつとにその名を知られる鬼才。今回のリメイク版の製作を手がけるマイケル・ベイ監督の製作会社プラチナム・デューンズも、以前からその才能に目をつけて何度となく話をオファーしていたという。ベイヤーは同社とはもう1本、オリジナルのスリラー「フィアスコ・ハイツ(Fiasco Heights)」の監督も務めることで契約を交わしている。

なお今回の作品は、今年公開25周年を迎えるウェス・クレイブン監督による84年のオリジナル版エルム街の悪夢」を比較的忠実にリメイクするもので、シリーズの続編的なものにはならないという。脚本は「ケープ・フィアー」(91)のウェズリー・ストリックが手がける。

監督、脚本が決定し、残すところはキャスティング、それもファンがいちばん気になるのは殺人鬼フレディ・クルーガー役だが、現在のところ分かっているのはシリーズ8作でフレディを演じたロバート・イングランドは続投しないということのみ。ネット上ではいろいろと噂が飛び交っているが、来月にも正式なキャストが発表されるという話もあるようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi