スピルバーグ率いるドリームワークスがディズニーと正式に提携 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月12日 > スピルバーグ率いるドリームワークスがディズニーと正式に提携
メニュー

スピルバーグ率いるドリームワークスがディズニーと正式に提携

2009年2月12日 12:00

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー・スタジオが、スティーブン・スピルバーグ監督率いる映画製作会社ドリームワークスとの映画配給をめぐり、2月9日ついに正式に合意に至った。8日にウォールストリート・ジャーナル紙が報じた通りの内容となった。

パラマウント・ピクチャーズ傘下にあったドリームワークスがインドのメディア企業リランアンス・ビッグ・エンターテインメントの資金提供を得ることになり、パラマウントからの独立を発表したのは昨年10月のこと。新たな資金提供先としてスピルバーグ監督の“古巣”ユニバーサル・ピクチャーズが配給を請け負うことで契約したと発表されたが、先週にはこれが破談となり、代わりにディズニーと契約が結ばれた。

これにより、ドリームワークス作品は、2010年以降の5年間で最低30本が、ディズニー傘下の大人向けレーベルであるタッチストーン・ピクチャーズから配給されることになり(インドを除く)、同社は配給手数料10%をディズニーに支払うという。

スピルバーグ監督がディズニーと組んだことで、気になるのは、ユニバーサル・スタジオの「ジョーズ」「E.T.」「ジュラシック・パーク」といったアトラクションがどうなるかだが、すぐさまディズニーのテーマパークへ移行されることはないという。というのも、LAウィークリー紙のコラムリスト、ニッキ・ファンケの記事によると、ユニバーサル・スタジオが開園した20年前から、そのライセンス料として、同園の収入の2%を受け取る契約を結んでおり、現在その金額は、3000万~5000万ドルにものぼっているという。どうやら、ドリームワークスとユニバーサルが決裂した原因の一つに、ユニバーサル側が同園の契約料の見直しを迫ったことがあったようなのだ。

スピルバーグはこの“打ち出の小槌”を手放すことはないというのが大方の見方だが、ユニバーサル・スタジオで計画中の「トランスフォーマー」のアトラクションが、無事完成するのか、予断を許さない状況になってきた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi