「7つの贈り物」ウィル・スミス来日。ラブシーンではナーバスに? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月10日 > 「7つの贈り物」ウィル・スミス来日。ラブシーンではナーバスに?
メニュー

「7つの贈り物」ウィル・スミス来日。ラブシーンではナーバスに?

2009年2月10日 12:00

日本国籍を取ったら、名前は何?「7つの贈り物」

日本国籍を取ったら、名前は何?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「幸せのちから」の主演ウィル・スミスガブリエレ・ムッチーノ監督が再びタッグを組んだヒューマンドラマ「7つの贈り物」(2月21日公開)。本作のPRため来日したスミスと共演のロザリオ・ドーソン、ムッチーノ監督が2月9日、東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京で会見した。

本作は、過去のある出来事により、心に深い傷を抱えて生きる男ベン・トーマス(スミス)が、ある目的のために選んだ7人に、“人生を永遠に変えてしまうような贈り物”をしていくという物語。

スミスの来日は通算10回目で、特にここ約1年で3回と連続したこともあって、「そろそろ日本国籍がほしいね」と、会見は得意のジョークで幕開け。しかし、そんなスミスも、ラブシーンの撮影中はひどくナーバスだったそうで、ドーソンが「彼は怖いもの知らずだと思っていたけど、すごく神経質になっていた。繊細なのね(笑)」と撮影の裏話を暴露すると、スミスは「神経質になってたわけじゃなくて、祖母の教えにより女性に敬意を払っていただけなんだ」と赤面しながら弁解していた。


日本の芸能界のご意見番ともご対面「7つの贈り物」

日本の芸能界のご意見番ともご対面
[拡大画像]

また、映画にちなんで「人生を変えた贈り物」について聞かれると、スミスは「祖母はいつも物語を語ってくれて、人生についていろいろなメッセージをくれた」と答え、ドーソンは「母と祖母からもらった愛」、監督は「子供」と、それぞれ家族の存在を挙げた。

さらに一行は同日夜、恵比寿ガーデンプレイスで行われたジャパンプレミアにも出席し、応援ゲストとして和田アキ子も来場。和田は劇中のスミスの「苦悩する姿が感動的だった」と話すと、スミスは「だから今も大人の男のふりをしているんだ」と話し、シリアスな映画に合わせるように振舞っていたが、ファンの声援が最高潮に盛り上がると、雄たけびを上げたり、得意のボイスパーカッションを披露したりと、いつものサービス精神旺盛なスミスに戻って、会場を盛り上げた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi