長瀬智也主演で初の実写に挑んだ「ヘブンズ・ドア」監督の意図とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月6日 > 長瀬智也主演で初の実写に挑んだ「ヘブンズ・ドア」監督の意図とは?
メニュー

長瀬智也主演で初の実写に挑んだ「ヘブンズ・ドア」監督の意図とは?

2009年2月6日 12:00

長瀬の演技にも大満足のアリアス監督(右)「ヘブンズ・ドア」

長瀬の演技にも大満足のアリアス監督(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 97年のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を原案に、長瀬智也福田麻由子を主演に迎えた「ヘブンズ・ドア」は、死期が迫る青年と少女が人生の最期に海を目指すロードムービー。アニメ「鉄コン筋クリート」が高評価されたマイケル・アリアス監督が、初の実写映画に挑戦した監督第2作だ。本作についてアリアス監督が語ってくれた。

オリジナルは青年2人が主人公だが、本作では青年と10代の少女の2人に。これについては、「企画段階では大人の男女という話もあったのですが、そういう設定だといずれ恋愛に発展するのが見えてしまって面白くない。僕はなるべく恋愛のない話がいいと思いました」と監督。

インタビューにはオリジナル作のプロデューサー、トム・ツィックラー氏もドイツから来日して同席したが、監督のこの判断に納得している。「オリジナル版もバディムービーに特化するため女性をはずし、男2人にした経緯がありました。今回も、最初は恋愛映画になることを危惧していましたが、青年と少女という設定になり、面白いカップリングだと思いました。そして実際に作品を見て、2人が出会うシーンに鳥肌が立ち、胸を打たれました」


勝人(長瀬智也)と春海(福田麻由子)の旅の行く末は?「ヘブンズ・ドア」

勝人(長瀬智也)と春海(福田麻由子)の旅の行く末は?
[拡大画像]

また、アリアス監督が本作に惹かれたのは、物語の持つ普遍性だという。「現実には、ドイツで海を見たことがない人なんてほとんどいないと思うし、島国の日本ならなおさらです。でも、これはある種のおとぎ話みたいなもの。ドイツであろうが日本であろうが、大昔でも現代でも、ファンタジーにしてもSFにしても成立する話」。ツィックラー氏も「これは海に行くまでにどのくらいかかるかという話ではなく、余命数日間だとしたら自分は何をするのかというストーリーだからね」と同意する。

「自分が主人公だったらどういう終わりがいいのか、少しでも考えておくきっかけになれば」とアリアス監督は続ける。「若い人はあまり自分が死ぬということを考えず、後回しにしがちだと思いますが、自分の人生を映画にたとえると、やっぱり良いエンディングを考えたいじゃないですか。そういう意味で、長瀬さんが演じる勝人というキャラクターは非常に共感しやすいと思います。もちろん、最後に大恋愛をして終わりたいという人もいると思いますけど(笑)」

ヘブンズ・ドア」は2月7日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi