若き名匠ジャ・ジャンクーが現在の中国を語る。「四川のうた」記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月6日 > 若き名匠ジャ・ジャンクーが現在の中国を語る。「四川のうた」記者会見
メニュー

若き名匠ジャ・ジャンクーが現在の中国を語る。「四川のうた」記者会見

2009年2月6日 12:00

日本の若手の作品も積極的にチェック「四川のうた」

日本の若手の作品も積極的にチェック
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「長江哀歌」で06年ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したジャ・ジャンクー監督が、中国・四川を舞台に描いた「四川のうた」の記者会見が、2月5日、東京・渋谷のFORUM8にて行われ、来日中のジャンクー監督が登壇した。

映画は、成都の閉鎖間際の国営工場で働く労働者たちのリアルな日常をドキュメンタリータッチで切り取った人間ドラマ。主演は「ラストエンペラー」のジョアン・チェン

昨年、本作のカンヌ国際映画祭出品の直前に起きた四川大地震について、ジャンクー監督は、「気持ちはすごく重かったが、宿命的なものを感じた。公開前の現在は世界的な経済危機があり、人類はこれからもさまざまな問題に直面しなければならないのだと思う。映画ではずっと国家の体制の中で生きてきた人々が突然外に放り出されるけれど、最終的には彼らが自分の足で歩き出すところに見る人も希望を見出して欲しい」と不安定な世相を踏まえながら力強く語った。また、近年の中国国内の変化については、「オリンピック開催地のような経済的発展のほかに、集団より個人が尊重されるようになりつつあることなど、さまざまな変化が中国で起こっている」と故郷を見守る優しい眼差しを垣間見せた。

先日、ジャンクー監督は山下敦弘監督の「松ヶ根乱射事件」(06)のDVDを鑑賞したそうで、「三浦友和さんはちょっと太ったけれど、アイドルから俳優へと変化して貫禄が出たね」と茶目っ気たっぷりに話し、今後の作品については「東京を舞台にした作品も考えているけれど、今はまだ秘密だよ」とうれしい計画も明かしてくれた。

「「四川のうた」は4月中旬より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi