ダコタ・ファニングが「トワイライト」続編出演に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月4日 > ダコタ・ファニングが「トワイライト」続編出演に意欲
メニュー

ダコタ・ファニングが「トワイライト」続編出演に意欲

2009年2月4日 12:00

すっかり大人っぽくなったファニング「トワイライト 初恋」

すっかり大人っぽくなったファニング
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米ティーンを熱狂させた大ヒット作「トワイライト/初恋」(4月4日日本公開)の続編「ニュー・ムーン(原題)」へ出演が噂されるダコタ・ファニングが、1月30日、米MTVのインタビューに答えた。

「トワイライト」はステファニー・メイヤーのベストセラー小説の映画化で、青年エドワード(ロバート・パティンソン)と人間の少女ベラ(クリステン・スチュワート)の禁断の恋を描いたもの。ファニングは、続編「ニュー・ムーン」に登場する、可憐な少女でありながら恐ろしい攻撃力を持つバンパイア一族のジェーン役をオファーされているようで、ファンの間でも原作のイメージにピッタリと配役を支持する声が高まっている。

このことについてファニングは、「みんなが私の出演について語っているのは知ってるわ。出演の可能性を喜んでくれて、とてもうれしい!」と語り、「100%決定とは断言できないけれど、もちろん可能性はあるわ。うまく話がまとまるよう願ってるの」とファンにはうれしいコメント。また、ファニング自身も自分がジェーン役に適していると考えているようで、「私たち2人とも顔が青白いでしょ。もし私が演じることになったら、そんなにたくさんメイクしなくてもいいはずよ」と笑いながら答えている。

メイヤーの原作全部は読破していないと明かしたファニングだが、映画「トワイライト」はとても気に入ったようで、「キャストたちの大ファンなの。だから続編で彼らと一緒に演じたい」と語り、なかでも本作で大ブレイクした俳優ロバート・パティンソンについては「すごくキュートよね」とのこと。「(ジェーンは)私がこれまで演じたことのない、卑劣な面も持っている役柄だから面白いと思うわ」と語るなど、もし出演が決まれば、ファニングにとってもこれまでの優等生イメージをくつがえす記念すべき作品になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi