カツラで登場のアンソニー・ウォンにオダギリ困惑?「プラスティック・シティ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月4日 > カツラで登場のアンソニー・ウォンにオダギリ困惑?「プラスティック・シティ」
メニュー

カツラで登場のアンソニー・ウォンにオダギリ困惑?「プラスティック・シティ」

2009年2月4日 12:00

カツラなしの方がカッコいいのに…「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」

カツラなしの方がカッコいいのに…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 06年ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した「長江哀歌」など、ジャ・ジャンクー監督作品の撮影監督を務めてきたユー・リクウァイがメガホンを取ったクライム・ムービー「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」。2月3日、東京・有楽町の日本外国特派員協会にて、リクウァイ監督と主演のオダギリジョーアンソニー・ウォンが記者会見を行った。

幼い頃にジャングルでアジア系ブラジル人のユダ(ウォン)に拾われて育てられたキリン(オダギリ)は、ユダの闇稼業を手伝って暮らしていたが、ユダの失脚を目論む周囲の動きをきっかけに人生が急変する。

3カ国語(日本語、中国語、英語)が飛び交う会見で、オールブラジルロケを敢行した本作についてリクウァイ監督は、「経済発展の著しいBRICs(ブラジルロシアインド中国)でアジアの人々がどのような暮らしをしているか非常に興味があり、異なった人種の交流や衝突が描きたかった」と作品に寄せた思いを語った。オダギリは出演の理由を、「仕事でもない限りブラジルに行く機会もないと思ったし、以前対談したジャ・ジャンクー監督(本作ではプロデューサーとして参加)やリクウァイ監督と仕事をしてみたかった」とコメント。


ユー・リクウァイ監督(左)と「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」

ユー・リクウァイ監督(左)と
[拡大画像]

オダギリと義理の親子役を演じたウォンはこの日、なぜかカツラを着用して登場し、「日本のカツラは世界一!」と力説、「もし僕にオダギリさんのような息子がいたら、大儲けしてこの業界を引退するよ」と話して会場の笑いを誘った。一方のオダギリは、「このカツラがジョークなのか本気なのか分からないけれど、(ウォンは)とてもチャーミングでかわいい人。現場では力強く皆を引っ張っていく“組長”のような存在だった」と香港の名優を称えていた。

PLASTIC CITY プラスティック・シティ」は3月14日より全国順次ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi