カンナ役を体当たりの平愛梨カンゲキ!「20世紀少年 第2章」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月2日 > カンナ役を体当たりの平愛梨カンゲキ!「20世紀少年 第2章」初日
メニュー

カンナ役を体当たりの平愛梨カンゲキ!「20世紀少年 第2章」初日

2009年2月2日 12:00

いよいよ残すはあと1作「20世紀少年」

いよいよ残すはあと1作
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浦沢直樹原作の大ヒットコミックを、総製作費60億円で実写映画化する「20世紀少年」3部作の第2弾「20世紀少年 第2章/最後の希望」が1月31日に初日を迎え、東京・有楽町の日劇2で堤幸彦監督、主演の豊川悦司常盤貴子香川照之平愛梨ら主要キャストが舞台挨拶を行った。

本作は第1章のクライマックスにあたる“血のおおみそか事件”の15年後を舞台に、オッチョ(豊川)らが謎のカリスマ支配者“ともだち”の正体に迫るというストーリー。

今回、映画の主人公として体当たりのアクションを披露するなど大活躍だった豊川は「第2章は、同じシリーズとは思えないほど前作と毛色が違うエンターテインメントに仕上がった。僕としてはこの『20世紀少年』が日本映画界の分岐点となって、日本の新しいエンターテインメントとして成立してくれることを祈っています」とコメント。また「今日は(前作の主人公ケンヂを演じた)唐沢(寿明)さんがいないので、地味な舞台挨拶ですが、またヤツも帰って来ると思いますので、よろしくお願いします」と今秋公開予定のシリーズ最終章での、唐沢の再登場を示唆した。


涙ぐむ平にハンカチを差し出すユースケ「20世紀少年」

涙ぐむ平にハンカチを差し出すユースケ
[拡大画像]

一方、引退覚悟でオーディションに挑み、見事“最後の希望”として重要なカギを握るヒロイン、カンナ役に起用された平は挨拶と同時に涙目に。客席から暖かいエールが送られると「この作品に出会って、堤監督やスタッフ、共演者の方々からいろいろと学びました。また今日から心機一転して、一生懸命頑張っていこうと思います。カンナというとても重要な役をやらせていただきまして、本当にありがとうございました」と語り、深々と頭を下げた。

そんな平に対し、隣に立つユースケ・サンタマリアがそっとハンカチを差し出す一幕があった他、ユキジ役で共演した常盤も「かわいいですね。撮影中も本当に一生懸命でピュアなカンナちゃんでした」と笑顔で後輩女優の奮闘を称えていた。

20世紀少年 第2章/最後の希望」は全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi