竹内&阿部“バチスタ”コンビが会見。「ジェネラル・ルージュの凱旋」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月2日 > 竹内&阿部“バチスタ”コンビが会見。「ジェネラル・ルージュの凱旋」
メニュー

竹内&阿部“バチスタ”コンビが会見。「ジェネラル・ルージュの凱旋」

2009年2月2日 12:00

前作から1年足らずで早くも続編公開「ジェネラル・ルージュの凱旋」

前作から1年足らずで早くも続編公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 08年に公開され大ヒットを記録した「チーム・バチスタの栄光」の続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」。昨年12月27日にクランクアップした同作の製作報告会見が、1月30日、東京・成城の東宝スタジオにて行われ、竹内結子阿部寛をはじめ、堺雅人高嶋政伸山本太郎貫地谷しほり中村義洋監督が出席した。

同作は、現役医師・海堂尊のベストセラー“田口&白鳥”シリーズの3作目を映画化したもの。“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を持つ東城大学付属病院救命救急センター長・速水(堺)にかけられた収賄疑惑を巡り、心療内科医・田口(竹内)と厚生労働省の役人・白鳥(阿部)のコンビが再び真相解明に挑む。

前作に続き主演を務める竹内は、開口一番に「いまアンジーとブラピのファミリーが来日しているらしくて……私も見に行きたかった(笑)」とミーハーな一面を覗かせつつも、約1年ぶりに演じた田口役について「阿部さんや監督とお話するうちに、自然に(役柄に)戻っていけた」と振り返った。一方の阿部も「最近は真面目な役が多かったので、久しぶりにストレス解消できた。前作よりさらに骨太で社会派の良い作品になった」と自信をのぞかせた。


アンジーは女優の憧れ「ジェネラル・ルージュの凱旋」

アンジーは女優の憧れ
[拡大画像]

本作は近年社会問題化している救急医療の問題にも鋭く切り込んだ内容になっており、中村監督は「実際の救命救急医に取材する中で、原作は全然ウソをついていないことが分かった。映画を見て『ホントかよ?』と思うかもしれませんが、全部本当なんです」と訴えかけた。救命救急医役に挑んだ堺も、役作りのために実際の医師と接する中で多くのことを学んだようで、「彼らが持つ熱い部分や、現在の救命救急医療に対する危機感を、速水役を通してフィルムに叩きつけたかった。僕たちが聖職者として見てしまう医者も、実際は生身の人間。我々と同じ目線で医者を体感できたのが、自分にとって大きな財産になった」と満足げに話した。

ジェネラル・ルージュの凱旋」は3月7日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi