長瀬智也、主演作試写会でアンジェラ・アキの主題歌生演奏に万感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月27日 > 長瀬智也、主演作試写会でアンジェラ・アキの主題歌生演奏に万感
メニュー

長瀬智也、主演作試写会でアンジェラ・アキの主題歌生演奏に万感

2009年1月27日 12:00

生きるメッセージが込められた作品「ヘブンズ・ドア」

生きるメッセージが込められた作品
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長瀬智也(TOKIO)と福田麻由子が主演する「ヘブンズ・ドア」(2月7日公開)の試写会が、1月26日、東京・台場のZepp Tokyoで行われ、長瀬、福田、マイケル・アリアス監督の舞台挨拶のほか、アンジェラ・アキによる主題歌の生ライブが行われた。

映画は、ボブ・ディランによる同タイトルの名曲をモチーフとした97年のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」をリメイクしたもので、余命わずかと宣告された青年・勝人(長瀬)と少女・春海(福田)が海を目指すロードムービー。

ディランの名曲をオリジナルの日本語歌詞でカバーした主題歌「Knockin' On Heaven's Door」の弾き語りで、会場を歌の世界に引き込こんだアンジェラは、「映画は死をテーマにしているけれど、生に対するメッセージを感じた。主人公に自分を重ね合わせ、生のメッセージをたくさん込めて詞を書いた」と同曲について語り、長瀬も「僕ら(が演じたキャラクター)の目線を感じ取って作ってくれた。アンジェラさんの曲を聴いて浮かび上がる世界観は、胸に来るものがある」とコメントし、感無量といった様子だった。


アンジェラの弾き語りに観客もうっとり「ヘブンズ・ドア」

アンジェラの弾き語りに観客もうっとり
[拡大画像]

また、長瀬は自身の役について「死というものを真正面から考え、リアルに感じたものを込めて演じた」と語り、福田も「私の同世代には、今何をしてよいか分からずモヤモヤしている人も多いと思うけれど、私も勝人と春海の精一杯生きている姿を通して、感じることがいっぱいあった。『今しかできないことがきっとある』ということが伝われば」と話していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi