紀里谷和明監督がファン1000人を前に大演説!「GOEMON」完成報告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月23日 > 紀里谷和明監督がファン1000人を前に大演説!「GOEMON」完成報告
メニュー

紀里谷和明監督がファン1000人を前に大演説!「GOEMON」完成報告

2009年1月23日 12:00

うなってしまう出来栄えと自負「GOEMON」

うなってしまう出来栄えと自負
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「CASSHERN」の紀里谷和明監督による5年ぶりの最新作「GOEMON」の完成報告記者会見が1月22日、国立代々木競技場第二体育館で開催され、紀里谷監督をはじめ、主演を務めた江口洋介、共演の大沢たかお広末涼子ゴリ(ガレッジセール)、要潤中村橋之助寺島進平幹二朗伊武雅刀奥田瑛二という豪華キャスト陣が一堂に会した。なお、この日は09年元日から1000枚限定で販売された前売り券を購入した一般客も招待された。

会見冒頭、挨拶に立った紀里谷監督は「世界中の人たちに見てもらえる作品を目指した。絶対にうなっていただけると自負している」と完成までに3年を費やした渾身の一作に自信満々。さらに「どうか力を貸してください! 応援してください!」と選挙演説さながらの熱のこもった口調でファンにメッセージを送った。


日本映画の常識を“CHANGE”する?「GOEMON」

日本映画の常識を“CHANGE”する?
[拡大画像]

一方、主人公の石川五右衛門を演じた江口は「全編グリーンバックの撮影で恐怖もあったが、紀里谷くんの大きな船に乗って戦(いくさ)をするような気分だった」と撮影を振り返り、会見当日に見た完成版本編については「すごいエネルギーを感じた」と大満足の表情を見せていた。他のキャスト陣も「今まで見たことがない重厚感、スケール感、生命力にあふれる作品」(大沢)、「ハリウッドに負けない作品。我々もやればできるんだと思った。Yes, We Can!」(ゴリ)などみな興奮した様子だった。

会見終了後には、紀里谷監督本人が会場出口に出向き、ファン一人一人に握手する一幕も。終始、紀里谷監督の熱意がヒシヒシ伝わる異例の会見となった。

GOEMON」は09年5月1日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi