銀座の日劇が名称変更。有楽町&日比谷の映画館にも再編の波 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月23日 > 銀座の日劇が名称変更。有楽町&日比谷の映画館にも再編の波
メニュー

銀座の日劇が名称変更。有楽町&日比谷の映画館にも再編の波

2009年1月23日 12:00

[映画.com ニュース] TOHOシネマズは、東京の有楽町日比谷地区にある館名をすべて変更すると発表した。新名称はそれぞれ、TOHOシネマズ日劇(現・日劇PLEX/2月17日~)、同有楽座(有楽座/2月10日~)、同スカラ座(日比谷スカラ座/2月3日~)、同みゆき座(日比谷みゆき座/2月3日~)、同シャンテ(シャンテシネ/2月3日~)。すべてを「TOHOシネマズ」ブランドに統一し、改称と同時に、TOHOシネマズのシネママイレージ、vit、ハローシステムといった各サービスが導入される。

また、TOHOシネマズ村上主税社長は会見で、「今年をデジタル化初年度と位置づける」と発表。1館あたり約1500万円をかけ、デジタルシネマ機器を導入するという。現在まで60サイト527スクリーンを全国に展開させるTOHOシネマズは、今秋までに47サイト各2~3スクリーンでの導入を決定。2012年春までに全スクリーンをデジタル化する予定だ。これにより、全スクリーンが3D映画に対応可能となる。

各映画各興行チェーンのチェーンマスターが集まる映画の街、有楽町&日比谷の、なじみ深い映画館の名前が改変されるのはさびしいが、12年春までにはほぼ全部のスクリーンがデジタルシネマ化され、3D映画が見られるようになるはずだ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi