「ペネロペは本当に美しかったわ」。「エレジー」の女流監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月23日 > 「ペネロペは本当に美しかったわ」。「エレジー」の女流監督が語る
メニュー

「ペネロペは本当に美しかったわ」。「エレジー」の女流監督が語る

2009年1月23日 12:00

ペネロペのナチュラルな美しさは完璧!「エレジー」

ペネロペのナチュラルな美しさは完璧!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカ文学の巨匠フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を原作に、ペネロペ・クルスベン・キングズレー主演で描く大人のラブストーリー「エレジー」。本作のメガホンを取ったスペイン人女流監督イザベル・コイシェ(「死ぬまでにしたい10のこと」)に話を聞いた。

奔放な恋愛を楽しむ初老の大学教授デビッド(キングズレー)は、ある日、自分の講義に遅れて入ってきたコンスエラ(クルス)に一目で魅了され、やがて男女の深い関係に。しかし、若く美しい30歳年下のコンスエラに対し、デビッドはこれまで感じたことのない嫉妬心で苦しみ出す。

あらかじめ主演が決まっていたクルスからの熱烈なラブコールを受けて監督を引き受けたというコイシェ監督は、「私たちは旧知の仲で、お互いにいつか一緒に映画を撮ろうと話していたけど、ペネロペ(・クルス)から『あなたが監督しないなら私も降りる』と言われた時はすごくプレッシャーを感じたわ」と当時の心境を語る。

クルス扮するコンスエラは、知的でありながら官能的な美しさを兼ね備えた女性で、それがかえってデビッドを苦しめる要因になる。そんな魅惑的なヒロインを作り上げた監督だが、特別な演出は何もしなかったと話し、「ペネロペの持つナチュラルな美しさをとらえたかったので、メイクは薄めにして、最後のシーンは完全にノーメイクで演じてもらった。けっして完璧な美ではないけど、カメラに映るペネロペは本当に美しかったわ」と、クルスの自然体の美しさを絶賛した。

コイシェ監督の次回作は、菊地凛子主演で東京を舞台に描く「Map of the Sounds of Tokyo(原題)」で、撮影の合間に行われたこの日のインタビューでは、「東京は大好きよ。電車に乗って銀座から下北沢に行くと、そこにはまったく違う街並みが広がっている。いろんな要素が混在している街よね」と東京の印象を語り、「凛子はいつも準備万端で(撮影に)来てくれるわ。今回の役は最初から彼女を想定して書いたのよ」と菊地との仕事について満足げに話してくれた。

エレジー」は1月24日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi