太陽の塔が“ともだちの塔”に変身!原作の浦沢直樹は「泣きそうです」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月20日 > 太陽の塔が“ともだちの塔”に変身!原作の浦沢直樹は「泣きそうです」
メニュー

太陽の塔が“ともだちの塔”に変身!原作の浦沢直樹は「泣きそうです」

2009年1月20日 12:00

太陽の塔の前で“芸術が爆発”「20世紀少年」

太陽の塔の前で“芸術が爆発”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浦沢直樹原作の大ヒットコミックを3部作で実写映画化する「20世紀少年」の第2弾「20世紀少年/第2章 最後の希望」の完成披露イベントが、大阪・吹田の万博記念公園で行われ、堤幸彦監督、原作者の浦沢、主演の豊川悦司常盤貴子香川照之平愛梨らが参加した。

昨年8月公開の「第1章」完成披露イベントの2倍となる約8000万円をかけたという今回のイベントは、公園内にある故岡本太郎の世界的芸術品・太陽の塔(高さ65メートル、腕の長さ25メートル)に、約700キロのバルーン(中央部分/現在の太陽)と約300キロの“ともだち”マークを(頂部/未来の太陽)を装飾し、劇中に登場する“ともだちの塔”に改装。75発の花火と特別映像の演出を施し、約1000人の観客の前でお披露目された。

イベントを間近で見た主演の2人は「最初はけしからんと思ってましたが、想像以上にやってくれた」(豊川)、「私も最初は岡本太郎先生に申し訳ないと思ってましたが、ここまでやると、あの破天荒な岡本先生も喜んでくださるのでは。まさに“芸術が爆発”しましたね(笑)」(常盤)とそれぞれに喜びのコメント。原作者の浦沢も「泣きそうです(笑)。なぜ『20世紀少年』がこういう話になったかというと、それは僕が大阪万博に来られなかったから(笑)。(この感動で)もう一本漫画が作れそうです」と大感激の面持ちで語っていた。

20世紀少年/第2章 最後の希望」は、1月31日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi