歌手ホアキン・フェニックス始動。ケイシー・アフレックが音楽活動を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月19日 > 歌手ホアキン・フェニックス始動。ケイシー・アフレックが音楽活動を映画化
メニュー

歌手ホアキン・フェニックス始動。ケイシー・アフレックが音楽活動を映画化

2009年1月19日 12:00

ラッパー、ホアキンの実力は?「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

ラッパー、ホアキンの実力は?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優業からの引退を表明した“歌手”ホアキン・フェニックス(34)が、すでにヒップホップ界のカリスマ、ショーン・“P・ディディ”・コムズを音楽プロデューサーに迎え、デビューアルバム完成に向けてレコーディングの真っ最中だという。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」(05)でアメリカの国民的カントリー歌手ジョニー・キャッシュを演じてアカデミー主演男優賞にもノミネートされたホアキンは、1月16日、ラスベガスのクラブで歌手として初めてのライブパフォーマンスを披露した。

米ハリウッド・レポーター誌によると、ホアキンの音楽活動をドキュメンタリー映画として映画化すると発表している、義理の弟ケイシー・アフレック(33)がその当日もメガホンを取って収録にあたっていたという。

言うまでもなくホアキンは故リバー・フェニックスの実弟で、ケイシーもベン・アフレックの実弟。ケイシーは長年の恋人だったホアキンの実妹サマー・フェニックスと06年に結婚している。ホアキン、サマー、ケイシーの3人は、ガス・バン・サント監督の95年の作品「誘う女」で共演した仲だ。

ホアキンの歌手としての実力は、“口パク”なしで収録した映画「ウォーク・ザ・ライン」のテーマソングで、05年グラミー賞の最優秀コンピレーション映画サウンドトラックアルバム賞を受賞している(妻ジューン・カーター役のリース・ウィザースプーンも自分の声で歌った)。ホアキン最後の俳優作品は、グウィネス・パルトロウ共演のロマンスドラマ「トゥー・ラバーズ」(ジェームズ・グレイ監督、2月13日全米公開)。

ケイシーにとってこれが初監督作。兄ベン・アフレックも、ケイシーが主演したサスペンス「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(07)で長編監督デビューを飾っており、高い評価を受けている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi