スタインベック「エデンの東」再映画化始動。監督&脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月19日 > スタインベック「エデンの東」再映画化始動。監督&脚本家が決定
メニュー

スタインベック「エデンの東」再映画化始動。監督&脚本家が決定

2009年1月19日 12:00

ジミー・ディーン役を選ぶのは至難の業「エデンの東」

ジミー・ディーン役を選ぶのは至難の業
Photo:PELE COLL/STILLS/Gamma/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・ディーン主演でエリア・カザン監督により1955年に一度映画化されている、文豪ジョン・スタインベックの傑作小説「エデンの東」が、映画化権を取得するユニバーサル・ピクチャーズとイマジン・エンターテインメントによって再映画化されることになった。今年末のクランクインが予定されている。

スタジオはすでに監督と脚本家の人選を固め、監督はエミー賞&ゴールデングローブ賞(TV部門)の2冠に輝く米HBOミニシリーズ「ジョン・アダムズ」(全7話)のTV演出家トム・フーパー。脚本家は「つぐない」(原作イアン・マーキュアン)や「愛の落日」(原作グレアム・グリーン)で知られる英国のベテラン劇作家クリストファー・ハンプトンに決定している。

当初は、監督が「フロスト×ニクソン」(3月公開)と「天使と悪魔」(5月15日公開)を控えるロン・ハワード、脚本家が「フェイク」「クイズ・ショウ」で2度オスカー候補になった脚本家ポール・アタナシオというコンビの予定だったが、イマジンを率いるハワード監督が多忙を理由に監督を降板してプロデューサーに専念することになったという。ちなみに、ハワード監督が企画を譲った最近の例として、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」(2月20日公開)がある。

エデンの東」(1952年発表)は、米カリフォルニア州サリナスを舞台に、旧約聖書「創世記」のカインとアベルの物語をモチーフとした2つの移民家族の年代記だ。55年のカザン監督版では、原作の後半に登場するケイレブ・トラスク(通称キャル、アダム・トラスク次男)を軸にした1917年が舞台のストーリーへと脚色され、J・ディーンの好演もあって大成功を収めた。脚本家は、同作と「サヨナラ」で2度オスカー候補になったポール・オズボーンだった。

監督の座を射止めたフーパー監督はバラエティ誌に、「楽天主義的で、愛を祝福するようなスタインベックの原作の底にある、性的で暴力的でダークな側面をアピールできる機会を得た」と抱負を述べている。

今のところ、どのように脚色されるのか明らかになっていないが、もしも前作同様にキャル・トラスクが登場するなら、ディーンとの対比も含め、キャスティングが大きな話題を呼ぶことは必至だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi