馬の名前がコンドーム?「ハリポタ」ダニエル・ラドクリフが舞台秘話を明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月16日 > 馬の名前がコンドーム?「ハリポタ」ダニエル・ラドクリフが舞台秘話を明かす
メニュー

馬の名前がコンドーム?「ハリポタ」ダニエル・ラドクリフが舞台秘話を明かす

2009年1月16日 12:00

人気者ならではの悩みが…「エクウス」

人気者ならではの悩みが…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブロードウェイの芝居「エクウス」に出演中の、ハリー・ポッター役で知られる俳優ダニエル・ラドクリフが1月12日、米NBCの人気トーク番組「レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン」に登場し、ブロードウェイ公演にまつわるエピソードを披露した。

ラドクリフにとって今回のブロードウェイ公演は、07年の「エクウス」ロンドン版に続いての主演となるが、まず、アメリカでの上演に際して一部脚本を変更したことを明かした。ピーター・シェーファーによる戯曲「エクウス」は、6頭の馬の目を潰すという事件を起こした少年と、彼の精神状態を突き止めようとする精神科医を中心に繰り広げられる心理劇だが、そのうちの1頭の馬の名前が問題になったようだ。

ラドクリフいわく、「僕が馬の名前を尋ねて、相手役が『トロージャンさ。撫でてもいいよ』という台詞があるんだけど、リハーサルのときにアメリカ人の共演者がみんなそこで笑ったんだ。シリアスな劇なのに。なぜかというと、トロージャンはアメリカでは有名なコンドームのブランド名なんだよね。だからアメリカ版では馬の名前をヒーローに変えたんだ」

また、世界的人気シリーズの顔ならではの苦労もあるようで、「ある晩のことだけど、客席から僕に向かって『ダン、ダン、こっち向いて』と言っている声が、第1幕のあいだじゅうずっと聞こえていたんだ。女の子4人組だったと思うけど、君たちのことだよ!」と少々うんざりした様子。ラドクリフは「ブロードウェイのうるさい客一掃計画」を提唱することを思いついたそうで、「携帯電話を3回以上鳴らしっぱなしにする人、役者に話しかける人、ビニール袋の中味を10秒以上探り続ける人はみんな劇場から追い出せるシステムだよ」と冗談めかして語った。

エクウス」は、2月8日までブロードハースト劇場で上演中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi