初めて月へ降りた元宇宙飛行士バズ・オルドリン氏が語る「ザ・ムーン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月16日 > 初めて月へ降りた元宇宙飛行士バズ・オルドリン氏が語る「ザ・ムーン」
メニュー

初めて月へ降りた元宇宙飛行士バズ・オルドリン氏が語る「ザ・ムーン」

2009年1月16日 12:00

月旅行は人生観を激変させる貴重な経験「ザ・ムーン」

月旅行は人生観を激変させる貴重な経験
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1969年のアポロ11号による月面着陸から40周年となる今年、NASA蔵出しの映像とともに、アポロ計画に携わり月へ行った元宇宙飛行士たちが当時の体験を語るドキュメンタリー映画「ザ・ムーン」が公開される。本作にも出演し、アポロ11号でニール・アームストロングとともに人類で初めて月面に足跡を残したバズ・オルドリン氏が語ってくれた。

もともとは空軍パイロットだった彼は、63年10月にNASAの宇宙飛行士第3期生に選ばれたことから人生が大きく変わる。アポロ計画に抜擢され、さらには初の月面着陸ミッションを担った11号の乗組員に選ばれ、初めて月へ降りた人間となった。

地球へ帰還した彼らは英雄として熱狂的に迎えられたが、それゆえに「プライバシーを侵害されることもあった」という。しかし、引きこもって世間と隔絶することの孤独感に耐えるよりは、「その状況に慣れるよう、受け入れるしかなかった」とオルドリン氏。

「月へ行った24人の宇宙飛行士のうち、実際に月面を歩いたのは12人。歩いたか、歩いていないかというのは大きな差かもしれないが、我々は与えられたミッションをこなしただけ。(月面を)歩く人間を我々が選んだわけではない。しかし悲しいかな、五輪で金メダリストばかりが注目を集めるように、2番手、3番手というのはあまり注目されない。最初に月の周りを1周した人たちが注目を浴び、次は初めて着陸した人、歩いた人というように、世間からはどんどん上を目指される。我々はそういう状況を受け入れざるをえなかった」


アポロ11号の乗組員 (左から)アームストロング、マイク・コリンズ、オルドリン「ザ・ムーン」

アポロ11号の乗組員
(左から)アームストロング、マイク・コリンズ、オルドリン
提供:NASA
[拡大画像]

しかし、月へ赴いたことは「非常に素晴らしい体験だった」と振り返る。地球上ではいまだ国境や宗教をめぐって戦争が続いているが、「国や地区にとらわれない、大きな視野で物事をとらえられるようになった。それだけの刺激を受けた。私は海底に潜ったことも、南極へ行ったこともあるが、1カ所に留まるのではなく、自分の行動範囲をどんどん広げていく、遠くへ行くということの刺激を月から得たと思っている」

現在とは科学技術も隔世の感がある40年も前、地球から約38万キロも離れた月へ行った男たちは、21世紀の今、何を感じているのか? 彼らの体験した壮大な世界を劇場で味わってほしい。「ザ・ムーン」は1月16日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi