松ケンが崔監督に母性を感じた「カムイ外伝」など、松竹ラインナップ発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月15日 > 松ケンが崔監督に母性を感じた「カムイ外伝」など、松竹ラインナップ発表
メニュー

松ケンが崔監督に母性を感じた「カムイ外伝」など、松竹ラインナップ発表

2009年1月15日 12:00

宮藤官九郎が手がけた脚本にも注目「カムイ外伝」

宮藤官九郎が手がけた脚本にも注目
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月14日、東京・銀座の時事通信ホールにて松竹のラインナップ発表会が行われ、2009年から2010年にかけて公開される17作品(邦画14本、洋画3本)が発表された。

発表されたラインナップには「ハチ公物語」をリチャード・ギア主演でハリウッドリメイクした「HACHI/約束の犬」(ラッセ・ハルストレム監督。8月8日公開)、「CASSHERN」の紀里谷和明監督5年ぶりの最新作となる「GOEMON」(5月1日公開)、そして「大日本人」で映画監督デビューした松本人志の監督第2作(タイトル未定。秋公開)などの話題作が並んだが、中でも注目を集めたのは、深田恭子のドロンジョ姿が発表されたばかりの「ヤッターマン」(3月7日公開)と、白土三平の人気コミック「カムイ伝」を実写映画化した「カムイ外伝」(9月19日公開)。

ヤッターマン」は、三池崇史監督がこの日のためだけに編集したという7分間のフッテージ映像が上映され、アニメを忠実に再現したバトルシーンや、深田演じるドロンジョと櫻井翔扮するヤッターマン1号の禁断のキスシーンなどが初公開された。動画インタビューで登場した三池監督は「笑えるだけでなく、意外と泣けます。老若男女、誰にでも楽しんでもらえる映画です」とPR。

一方、「カムイ外伝」は、サプライズゲストとして崔洋一監督と主演の松山ケンイチが登壇したが、崔監督は「製作に3年かかっているが、『カムイ外伝』は私の映画である以上に松山ケンイチの映画です」と主演の松山をベタ褒め。これを受けた松山は、「カムイは大き過ぎる存在で、体力的にも精神的にもきつかったけれど、いちばん支えてくれたのが崔監督で、母性を感じたのは監督が初めてでした」と、強面の崔監督の意外な一面を披露した。また、最後に「他の作品より一段と輝いていると自信を持って言える作品です」と本作にかける熱い思いを語り、監督とガッチリと握手を交わした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi