08年全米マネーメイキングスター第1位はウィル・スミス! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月5日 > 08年全米マネーメイキングスター第1位はウィル・スミス!
メニュー

08年全米マネーメイキングスター第1位はウィル・スミス!

2009年1月5日 12:00

日本のボックスオフィスでも ダントツの成績!「ハンコック」

日本のボックスオフィスでも
ダントツの成績!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米の「08年マネーメイキングスター・トップ10」が1月2日に発表され、その栄えある第1位に輝いたのは「ハンコック」や「7つの贈り物」(2月21日公開)を昨年全米大ヒットさせたウィル・スミスだった。

黒人俳優としてトップになったのは、68年のシドニー・ポワチエ(「夜の大捜査線」「招かれざる客」「いつも心に太陽を」)以来2度目のこと。97年にマネーメイキングスター第4位に仲間入りしたスミスは、これで8回目のトップ10入り。07年はジョニー・デップに次いで第2位だった。

アイアンマン」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」と大ヒット作連発のロバート・ダウニー・Jr.が第2位。歴代第2位の全米興収記録をうち立てた「ダークナイト」の主演俳優クリスチャン・ベールが第3位、昨年「次代のスター」に選ばれた「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のシャイア・ラブーフが、同作のハリソン・フォードを押しのけて第4位に入った。

「マネーメイキングスター・トップ10」は、全米の映画館オーナーや映画バイヤーが昨年度のボックスオフィス成績に貢献した10名のスターを記名した投票の集計結果。正式には「The Quigley Poll」と呼ばれ、米調査会社キグリー・パブリッシング社が毎年発表、1932年以来今年で77回目を迎える歴史と伝統あるランキングだ。

08年トップ10は以下の通り。また、「次代のスター」には「レイチェル・ゲッティング・マリード」でアカデミー主演女優賞候補の呼び声高いアン・ハサウェイと、「スター・トレック」のカーク船長役が期待されるクリス・パインが選ばれている。

▼マネーメイキングスター・トップ10
1.ウィル・スミス
2.ロバート・ダウニー・Jr.
3.クリスチャン・ベール
4.シャイア・ラブーフ
5.ハリソン・フォード
6.アダム・サンドラー
7.リース・ウィザースプーン
8.ジョージ・クルーニー
9.アンジェリーナ・ジョリー
10.ダニエル・クレイグ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi