アニメ映画「バシールとワルツを」監督、スタニスワフ・レムの小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月24日 > アニメ映画「バシールとワルツを」監督、スタニスワフ・レムの小説を映画化
メニュー

アニメ映画「バシールとワルツを」監督、スタニスワフ・レムの小説を映画化

2008年12月24日 12:00

[映画.com ニュース] 今年のカンヌ国際映画祭で絶賛され、東京フィルメックス・コンペティション部門の最優秀作品賞受賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネートなど、話題のイスラエルの戦争アニメ映画「バシールとワルツを」のアリ・フォルマン監督が、ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムの短編小説を映画化することになった。

米ハリウッド・レポーター誌が報じたところによると、フォルマン監督が映画化権を獲得したのは、レム71年の作品「泰平ヨンの未来学会議(The Futurological Congress)」。自ら脚色にあたり、実写とアニメーションを融合させた作品にするという。

「泰平ヨンの未来学会議」は、「泰平ヨン」を主人公にしたシリーズ中の1作で、豊かで幸福感に満ちた近未来が舞台。ところがその“楽園”のような状態は、実は幻覚剤によってもたらされた人々の幻覚だった、というストーリー。

レムは、アンドレイ・タルコフスキー監督作「惑星ソラリス」(72)とスティーブン・ソダーバーグ監督作「ソラリス」(02)の原作者としても知られる。この「未来学会議」は、リドリー・スコット監督作「ブレードランナー」(82)の原作となったアメリカ人SF作家フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」としばしば比較される作品でもある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi