プロボクサー亀田興毅が家族の絆を語る。「アンダーカヴァー」イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月24日 > プロボクサー亀田興毅が家族の絆を語る。「アンダーカヴァー」イベント
メニュー

プロボクサー亀田興毅が家族の絆を語る。「アンダーカヴァー」イベント

2008年12月24日 12:00

意外と臆病な一面も…「アンダーカヴァー」

意外と臆病な一面も…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「裏切り者」のジェームズ・グレイ監督が再びホアキン・フェニックスマーク・ウォールバーグを起用し、警察とマフィアの攻防を描いた「アンダーカヴァー」のイベント試写会が、12月22日、東京・新橋のスペースFS汐留で行われ、フライ級プロボクサーの亀田興毅が登場した。

本作は、1988年のニューヨークを舞台に、警察一家に生まれたエリート警官の兄(ウォールバーグ)と裏社会に生きる弟(フェニックス)が、警視監である父の死をきっかけにマフィアへの潜入捜査に乗り出す重厚なクライムサスペンス。

映画に因み、アメリカの警察官コスチュームで登場した亀田は、「この格好、ちょっと恥ずかしいで。でも良い記念やと思う」と、照れながらも満面の笑顔を振りまいた。映画の見どころを聞かれると、「家族の絆が強いことが一番印象的やったな。やっぱり家族は大事にしなきゃダメやな。そういうところに注目して見てもらいたい」と真面目にコメント。さらに「映画って急にデカい音出るやん? 心臓バクバクしてびっくりするわ! 俺はホラーとかオバケが出てくる怖い映画は苦手やな。『着信アリ』なんて悲惨やで」と意外に臆病な一面も明かした。

イベント後、クリスマスの予定などプライベートな質問をしつこく聞かれると、「おもろないことばっか聞くなぁ。ボディ入れるか?」と、ファイティングポーズを構えておどけてみせ、久々に報道陣の前で元気な姿を見せた。

アンダーカヴァー」は12月27日より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi