名シーンのナマ再現に南沢奈央&溝端淳平が大テレ!「赤い糸」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月22日 > 名シーンのナマ再現に南沢奈央&溝端淳平が大テレ!「赤い糸」初日
メニュー

名シーンのナマ再現に南沢奈央&溝端淳平が大テレ!「赤い糸」初日

2008年12月22日 12:00

映画は初日だが、現在もTVドラマ版撮影中!「赤い糸」

映画は初日だが、現在もTVドラマ版撮影中!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中高生を中心に話題を呼び、累計4600万アクセスを超えた大ヒットケータイ小説の映画化「赤い糸」(村上正典監督)が12月20日に初日を迎え、新宿ピカデリーの舞台挨拶に主演の南沢奈央溝端淳平、共演の木村了岡本玲石橋杏奈桜庭ななみ柳下大鈴木かすみ、田島亮、村上監督が登場した。

本作は、同じ誕生日に生まれた芽衣(南沢)と敦史(溝端)の運命の恋を、ドラッグ体験や大切な人の死など若者たちのシビアな青春を交えて描く純愛物語。現在、同じキャスト&スタッフを起用し、細部にわたり映画版とリンクさせた連続TVドラマがオンエア中だ。

南沢は「芽衣が親近感のわく女の子になるよう試行錯誤しながら演じました。運命の人っていつどこで会えているのか分からないけど、だからこそ1つ1つの出会いを大切にしていきたい」とPR。一方、クールな性格の敦史を演じた溝端は「自分と真逆の役をナチュラルに演じるのが難しかった」と役作りの苦労を振り返り、「僕にとってこの作品は人との出会いや別れを見直すきっかけになった。恋愛や友情や家族愛、10代の時に誰もが経験する大切なテーマが詰まっていると思います」と語った。

また、劇中で敦史と芽衣が「運命って信じる?」「信じるよ」と言葉を交わす名シーンの撮影秘話について、南沢が「運命を信じているから抵抗なく言えました」と堂々としていたのに対し、溝端は「大切なシーンだったので、撮影前から眠れなくて」と相当緊張していた様子。すると、MCからシーンの“ナマ再現”を催促され、「マジっすか……」とドギマギしながらも再現すると、観客からの悲鳴に近い歓声が上がり、南沢も溝端も顔を真っ赤にしていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi