美少年俳優・本郷奏多がガンダムオタクを告白。「GOTH」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月22日 > 美少年俳優・本郷奏多がガンダムオタクを告白。「GOTH」初日
メニュー

美少年俳優・本郷奏多がガンダムオタクを告白。「GOTH」初日

2008年12月22日 12:00

ゲームやアニメがつないだ友情?「K-20 怪人二十面相・伝」

ゲームやアニメがつないだ友情?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「青い鳥」の主演・園部真一役、「K-20/怪人二十面相・伝」の小林少年役と出演作が相次ぐ注目若手俳優・本郷奏多(18)が主演を務める「GOTH」の初日舞台挨拶が、12月20日、東京・渋谷のシアターTSUTAYAにて行われ、本郷奏多をはじめ、共演の高梨臨高橋玄監督が登場した。

同作は、「きみにしか聞こえない」などの人気作家・乙一の同名ベストセラーを映画化した作品で、人間の残酷な面に強く惹かれる高校生・神山(本郷)と森野(高梨)が、1冊の手帳を拾ったことから連続猟奇殺人事件に巻き込まれていくというスリラーだ。

高橋監督は「(観客が繰り返し見られる)リピーター型を目指してつくった映画。何度も見て、新しい発見をしてほしい」と作品をPR。同日公開された話題作「K-20/怪人二十面相・伝」の初日舞台挨拶を終えて会場に駆けつけた主演男優・本郷を横目に、「打倒『K-20』です!」と対抗意識を燃やした。

猟奇趣味を持つ優等生・神山樹役を演じた本郷は、私生活ではゲームやアニメが趣味だそうで、「僕、ガンダムが好きなんです。よく『その歳で見るの!?』って言われるけど、男の子なんで(笑)」と、大のガンダム好きを告白。司会者からガンダムの魅力を尋ねられると目を輝かせ、「ガンダムってモビルスーツのドンパチだけじゃなくて、人間ドラマなんです!」と熱く語って観客を笑わせた。

さらに共演した高梨も、「(本郷は)クールな印象だったけど、実際はすごくゲームに詳しくていろいろと教えてくれました(笑)」と本郷のオタクぶりをアピール。すると本郷は「臨ちゃんも意外とオタクなんですよ。(撮影中の)待ち時間も一緒にゲームをしていました」と、共通の趣味であるゲームを通して親交を深めたことを明かした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi