テリー・ギリアム監督、「ヒース・レジャーはリバー・フェニックスじゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月17日 > テリー・ギリアム監督、「ヒース・レジャーはリバー・フェニックスじゃない」
メニュー

テリー・ギリアム監督、「ヒース・レジャーはリバー・フェニックスじゃない」

2008年12月17日 12:00

ヒースの遺作は09年全米公開予定「ブラザーズ・グリム」

ヒースの遺作は09年全米公開予定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年1月22日に急逝したヒース・レジャーがその数日前まで撮影に参加していた遺作「イマジナリアム・オブ・ドクター・パルナッサス(原題)」のテリー・ギリアム監督が、12月14日付けの英オブザーバー紙にレジャーへの追悼文を寄稿している。

ブラザーズ・グリム」(05)で初めてレジャーと組んだギリアム監督は、彼の多才さと寛大さに最大限の讃辞を送っているが、だからこそレジャーの訃報を聞いた時は「世界の半分が崩れ落ちたようだった」と語る。訃報に接した時、ちょうど同作の美術班と作業中だった監督は、その日の夕方、数千羽のカラスが飛んでいくのを見て、あれはきっと「ブラザーズ・グリム」のカラスがヒースに哀悼を捧げにいくのだと思ったという。

その一方で、処方薬の過剰摂取による事故で亡くなったヒースの死を伝説化する動きに対しては、「ナンセンス」だと切り捨てている。「ヒースをジェームズ・ディーンリバー・フェニックスと並べて、みんなシステムに潰されたのだとする論評があるが、くだらないの一語に尽きる。ヒースの死は不条理な事故だった。もちろん、どうしてあんなことが起こったのかは私にも分からないし、当時のヒースは確かにとても疲れていた」

ギリアム監督の追悼文は、次のような文章で締めくくられている。「ときどき、天使が地上に降りてきているのではないかと思うことがあるが、だとしたらヒースはその1人だったかもしれない。そして彼がいなくなって、私たちはこう思うのだ。こんなことは間違っている。死ぬべき人間はほかにいる。彼は、私たちを素晴らしい冒険の世界に連れていってくれるはずだったのに、と」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi