大女優メリル・ストリープ、「ブス」と呼ばれて役を落とされた過去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月17日 > 大女優メリル・ストリープ、「ブス」と呼ばれて役を落とされた過去
メニュー

大女優メリル・ストリープ、「ブス」と呼ばれて役を落とされた過去

2008年12月17日 12:00

「ジュリア」「ディア・ハンター」の彼女は美女でした「ダウト あるカトリック学校で」

「ジュリア」「ディア・ハンター」の彼女は美女でした
(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メリル・ストリープは、12月11日に発表されたゴールデングローブ賞ノミネーションで、「ダウト/あるカトリック学校で」(09年3月公開)でドラマ部門、「マンマ・ミーア!」(09年1月30日公開)でコメディ/ミュージカル部門の主演女優賞にダブルノミネートされた。同賞では主演&助演のノミネート23回、うち7度受賞。アカデミー賞でもノミネート14回、うち2度受賞している大女優である。

そんな彼女が、1976年の「キングコング」のオーディションで、その容姿が原因で落とされた悲しい過去があることを明かした。コングに愛される主演女優は映画の正否を左右するもので、イタリア人大物プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスは彼の息子と主演女優をめぐって熱い議論を交わしていたようだ。

「オーディションの決定権は彼(ディノ)が持っていて、息子に『彼女はブスだ。なぜ、そのことを前もってワシに知らせない』と言っていた。私が大学(イェール)でイタリア語を勉強していたのを彼はまったく知らなかったようで、私がイタリア語で返答したら、ビックリ仰天していたわ」とのこと。

その役は結局、モデルあがりの美女ジェシカ・ラングに。ラングも「トッツィー」(82)でアカデミー助演女優賞、「ブルースカイ」(94)で同賞主演女優賞を受賞しているから、大製作者の目は確かなのだが……。

ストリープは翌年にジェーン・フォンダ主演の「ジュリア」(77)で映画デビューを飾り、翌々年のロバート・デ・ニーロ主演の「ディア・ハンター」(78)で、早くもアカデミー助演女優賞のノミネートを受け、大女優への第一歩を踏み出す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi