クリスマス気分に浸れる、完璧なクリスマス映画の作り方とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月12日 > クリスマス気分に浸れる、完璧なクリスマス映画の作り方とは?
メニュー

クリスマス気分に浸れる、完璧なクリスマス映画の作り方とは?

2008年12月12日 12:00

これは「バッドサンタ」。どんなXmas映画がお好き?「素晴らしき哉、人生!」

これは「バッドサンタ」。どんなXmas映画がお好き?
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリスマスが近づくと毎シーズン決まって欧米でTV放送されるクリスマスの定番映画がある。フランク・キャプラ監督の「素晴らしき哉、人生!」(46)は最も有名で、AFI(アメリカ映画協会)が選んだ「元気が出るアメリカ映画ベスト100」の第1位に選ばれている名作。ステキなクリスマスに必要不可欠な要素がすべて揃っている。

英タイムズ紙が、そんな同作のほか過去の名作をひもとき、「完璧なクリスマス映画の作り方」と題したレシピを発表した。

▽ケチな男をひとり出すこと
 文豪チャールズ・ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」に描かれたスクルージは不可欠な守銭奴。「3人のゴースト」(88)のビル・マーレイはその好例。

▽素晴らしい歌をひとつ加えること
 ビング・クロスビーが「ホワイト・クリスマス」(54)で歌った表題曲は「スイング・ホテル」(42)で初めて歌われた歌。「若草の頃」(44)でのジュディ・ガーランドの名唱「ハブ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」も忘れがたい。

▽無垢な男で、大きな感動を引き起こすこと
 「エルフ/サンタの国からやってきた」(03)でのウィル・フェレルは小さなエルフたちに育てられた無垢な大きな男で、そこに感動のツボがある。

▽家族の大切さを感じ入らせること
 たったひとりのクリスマスほどみじめなものはない。「ホーム・アローン」(90)のマコーレー・カルキン少年もしかり。

▽クライマックスに、雪がシンシンと降ること
 「素晴らしき哉、人生!」(46)、「ホワイト・クリスマス」、「三十四丁目の奇蹟」(47)のクライマックスで、感動的に雪が降る。

▽気前よく魔法が使われること
 「三十四丁目の奇蹟」を見ると、クライマックスの魔法で「サンタクロースは存在する」と確信できる。「戦場のアリア」(05)では第一次大戦の激戦地がクリスマスイブの夜、「きよしこの夜」の大合唱がこだまして……奇跡が起こる。

▽ロマンスのスパイスをひとふりすること
 「ラブ・アクチュアリー」(03)がその好例。

▽ダークな風味を加えること
 ティム・バートン監督の「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(93)、マペットの「クリスマス・キャロル」(92)、「グレムリン」(84)は好例。「バッドサンタ」(03)でのビリー・ボブ・ソーントンはダークさの象徴だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi