豊川悦司&薬師丸ひろ子が夫婦役で共演。行定勲監督作「今度は愛妻家」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月11日 > 豊川悦司&薬師丸ひろ子が夫婦役で共演。行定勲監督作「今度は愛妻家」
メニュー

豊川悦司&薬師丸ひろ子が夫婦役で共演。行定勲監督作「今度は愛妻家」

2008年12月11日 12:00

大人のための泣ける映画「今度は愛妻家」

大人のための泣ける映画
(C)「今度は愛妻家」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「世界の中心で、愛をさけぶ」「クローズド・ノート」の行定勲監督による最新作「今度は愛妻家」(09年公開)で、豊川悦司薬師丸ひろ子が夫婦役で共演することが発表された。

本作は、鴻上尚史率いる劇団サードステージ(第三舞台)が、中谷まゆみ原作の「ビューティフル・サンデー」「ペーパー・マリッジ」に続く第3弾として02年に上演した舞台「今度は愛妻家」を映画化するもの。プータロー同然の生活を送る元売れっ子カメラマンの北見俊介(豊川)と、大の健康マニアで献身的に俊介を支える妻・さくら(薬師丸)の夫婦を描く。

これまで多くの青春映画を手がけてきた行定監督だが、40代の夫婦の日常を描く本作について「ふと今の映画館を見ると、若い人たちが主役の映画はたくさんあっても、大人が見る映画がとても少ないし、アメリカでは40代が主役の映画が多いのに日本にはあまりない。大人だって青春はあるし、大人だって楽しめる映画を撮りたかった」と映画化の経緯を明かした。

また、撮影に入り、行定監督から「カットをたくさん撮らなくても呼吸が合っている2人の芝居が本当に面白い」と太鼓判を押された豊川と薬師丸は、「台本はほとんどがワンシチュエーションで描かれ、人間の悲劇のようなニュアンスも含まれていてすごく面白かった。行定監督とだったら面白い作品ができるという予感があるし、良い作品になってほしい」(豊川)、「とても胸にキュンとくるお話だと思った。途中で大きな物語の展開があり、何度読んでもそこで泣けてくる。本当に楽しめる素敵な映画になると思う」(薬師丸)とそれぞれコメントを寄せた。

今度は愛妻家」は12月4日にクランクインし、09年1月中旬にクランクアップ予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi