9歳の少年が書いた恋愛指南書がハリウッドで映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月10日 > 9歳の少年が書いた恋愛指南書がハリウッドで映画化
メニュー

9歳の少年が書いた恋愛指南書がハリウッドで映画化

2008年12月10日 12:00

[映画.com ニュース] 米コロラド州キャッスルロックに住む小学4年生、9歳のアレックス・グレベン少年が書いたセルフヘルプ本が、20世紀フォックスによって映画化されることになった。米ハリウッド・レポーター誌などが報じたもの。

その本とは、全46ページのキュートな恋愛指南書「How to Talk to Girls」。「女の子と話をする方法」のタイトル通り、「髪はきれいに梳かして、ジャージは着ないこと」「あまりテンションが高くならないように、必要に応じて砂糖を控えること」などといった女性へのアプローチに苦慮する男性向けのアドバイス集となっている。

もともとはグレベンくんが手書きで書いた小冊子で、学校のブックフェアで3ドルで販売されていたもの。米大手出版社のハーパーコリンズが権利を獲得して11月に出版したところ、大きな話題となり、ついに映画化まで決まったようだ。

映画版のプロデューサーや脚本家などは今のところ未定。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi