“ジェイソン・ボーン”シリーズ4作目はロバート・ラドラムの別作品が原作? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月9日 > “ジェイソン・ボーン”シリーズ4作目はロバート・ラドラムの別作品が原作?
メニュー

“ジェイソン・ボーン”シリーズ4作目はロバート・ラドラムの別作品が原作?

2008年12月9日 12:00

ちゃんとしたストーリー 頼みますよ!「ボーン・アイデンティティー」

ちゃんとしたストーリー
頼みますよ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マット・デイモンが記憶をなくしたスパイ、ジェイソン・ボーンに扮して大ヒットを記録したスパイ・アクション「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の3部作に続く4作目について、「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」のプレミアに出席したプロデューサーのフランク・マーシャルは、原作者ロバート・ラドラムの別作品をもとにストーリーを検証していると語った。米映画サイトComingSoon.netが報じた。

同シリーズについては、原作者ラドラムが01年に急逝した後、別の作家エリック・バン・ラストベイダーによって計3冊が出版されている。しかし、マーシャルは「我々はオリジナルのキャラクターにとどまりたい」と話しており、かねてから映画の第4弾のストーリーを模索していた製作陣は、ラドラムの“ジェイソン・ボーン”シリーズとは別の著作の中から映画のストーリーとなるものを探すことにしたようだ。マーシャルは中でも「狂気のモザイク(The Parsifal Mosaic)」が最も気に入っているとのこと。同作は、恋人を自らの手で殺害してしまった諜報員が引退を決意して旅に出たところ、ローマで死んだはずの恋人を見かけたことから、巨大な陰謀に巻き込まれていくストーリー。暗い過去を背負ったボーンとは共通するものが多そうだ。

また、マーシャルは4作目について、スタジオと契約を交わしているのは「自分と脚本家のジョージ・ノルフィだけ」と話し、主演のデイモンについては「良い脚本が出来れば、マットも来てくれるはずだ」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi