「フォレスト・ガンプ」続編は、9・11の影響で企画が流れていた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月9日 > 「フォレスト・ガンプ」続編は、9・11の影響で企画が流れていた!
メニュー

「フォレスト・ガンプ」続編は、9・11の影響で企画が流れていた!

2008年12月9日 12:00

幻の続編があったとは!「フォレスト・ガンプ 一期一会」

幻の続編があったとは!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アカデミー賞の作品・監督・主演男優・脚色など6部門を受賞した、トム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94)。同作でオスカー受賞脚本家となったエリック・ロスが、新たな脚本作品「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(09年2月7日日本公開)について、米映画情報サイトSlashfilmの取材に答え、長年にわたって続編「フォレスト・ガンプ2(Gump & Co.)」の脚本を執筆していたと語った。

「私が関わっていたのは『フォレスト・ガンプ』の“続編”または“Part 2”で、本当に話の続きだ。ガンプはバス停のベンチに座り、息子が乗ったスクールバスの到着を待っている。その前作のラストから続きを始めたかったんだ。だが、私が関わっていたのは(2001年の)9・11の前までで、前夜も脚本を書いていたが、9・11の翌日にトム(トム・ハンクス)とボブ(ロバート・ゼメキス)と私とで互いに座り込んで話し合って、続編を作る必然性がなくなったと私たち全員が結論を出した。世界は大きく変わろうとしていたからね」

実際に続編「フォレスト・ガンプ2」の小説は、作家ウィンストン・グルームが95年に出版している。NFLニューオーリンズ・セインツでフットボールのプレイをしていたガンプは、百科事典を訪問販売し、ブタの飼育農場で働き、コーラの新商品開発を手助けし、偶然にもアラスカでタンカーのエクソン・バルティーズ号(89年に原油流出事故を起こした米エクソン社タンカー)と衝突し、ベルリンの壁の破壊を手助けし、湾岸戦争で「砂漠の嵐」作戦に参加するというもの。日本でも96年に翻訳が出版されている。

そのストーリーでガンプは、オリバー・ノース(イラン・コントラ事件の重要人物、米海兵隊退役中佐)、ホメイニ師(イラン革命の指導者)、ジョン・ヒンクリー(レーガン米大統領を銃撃した犯人)、ロナルド・レーガン、サダム・フセイン、ビル&ヒラリー・クリントントム・ハンクス(本人)などと出会うようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi