“天使の歌声”湯川潮音が「ティンカー・ベル」日本版の曲を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月8日 > “天使の歌声”湯川潮音が「ティンカー・ベル」日本版の曲を披露
メニュー

“天使の歌声”湯川潮音が「ティンカー・ベル」日本版の曲を披露

2008年12月8日 12:00

“天使の歌声”が妖精の歌を歌う!「ティンカー・ベル」

“天使の歌声”が妖精の歌を歌う!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名作ディズニーアニメ「ピーター・パン」に登場する妖精ティンカー・ベルを主人公にした4部作の第1弾「ティンカー・ベル」。同作の日本語吹き替え版エンディング曲「妖精のうた」を歌うシンガーソングライター・湯川潮音が、12月6日、東京・新宿の厚生年金会館にて開催された同作のイベント試写会に出席。“天使の歌声”を持つと言われる湯川の生演奏に、会場に集まった2000人以上の観客はうっとりと耳を傾けた。

同作は、ネバーランドにある妖精の谷“ピクシー・ホロウ”を舞台に描いた物語。これまで謎だったティンカー・ベル誕生の秘密が明かされる。

ディズニー映画のエンドクレジットに日本人アーティストの名前が入るのは、「アトランティス/失われた帝国」(01)のDREAMS COME TRUE以来7年ぶり。大抜擢となった湯川は、自ら作詞を手がけた同曲について「ティンカー・ベルは小さくておませなイメージだったので、自分の中にあるティンカー・ベル的要素を最大限に出して(詞を)書きました」と話した。

ティンカー・ベルや妖精の世界には幼い頃から憧れを抱いていたそうで、「私も幼稚園のお遊戯会でティンカー・ベルの役をやったことがあるんです。もし魔法を使えたら、時間を止めていろいろなイタズラをしてみたいですね(笑)」と茶目っけたっぷりに話した湯川。次回はぜひ声優にも挑戦したいと意欲を見せたが、どんな役をやりたいか問われると、「脇役で結構です。葉っぱ役でも良いので、ふた言ぐらい(セリフを)いただければ……」と控えめに答えた。「ティンカー・ベル」は12月23日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi