“予想ガイ”のコメントに苦笑の妻夫木。「感染列島」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月5日 > “予想ガイ”のコメントに苦笑の妻夫木。「感染列島」舞台挨拶
メニュー

“予想ガイ”のコメントに苦笑の妻夫木。「感染列島」舞台挨拶

2008年12月5日 12:00

ウィルス感染は“予想外”では片付けられない!「感染列島」

ウィルス感染は“予想外”では片付けられない!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 12月7日、新型ウィルスが日本中に蔓延する恐怖を描くパニックムービー「感染列島」舞台挨拶が、東京・有楽町の国際フォーラムで開催され、主演の妻夫木聡檀れい国仲涼子藤竜也田中裕二爆笑問題)、カンニング竹山、ダンテ・カーバー瀬々敬久監督が来場した。

完成披露試写会ならぬ“感染”披露試写会と銘打たれたこの日のイベントは、会場スタッフは防護服を着用し、観客も全員マスクを装着するという異様な光景の中で行われた。映画は、救命救急医・松岡(妻夫木)の元に有効なワクチンがない新型ウィルス感染症に冒された急患が運び込まれたことをきっかけに、感染患者が脅威的な速度で全国に広がる恐怖を描くとともに、感染爆発を防ごうと奮闘する医療スタッフや、感染者とその家族たちの葛藤のドラマを描いている。

劇中でWHO(世界保健機関)の医師デビッドを演じるのは、ソフトバンクのコマーシャルの“予想ガイ”ことダンテ・カーバー。「本日はありがとうございます」と日本語で挨拶した後、急に英語で語り出すという“予想外”の事態に、田中は「途中から英語にするなよ!」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

そんなコントのような2人のやりとりを見ていた妻夫木は、「ひとつだけ断っておきますけど、本編はコメディ映画ではないですからね」と苦笑しつつも、「人間にとってウィルスは恐い存在だが、地球にとってのウィルスは人間。その中で人間はどうあるべきかを最後に問われると思うので、この映画を見て少しでも意識してもらえればうれしい」と締めくくった。

感染列島」は09年1月17日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi