深津絵里が昼間からビールを飲み、ソファでごろ寝のダメ女に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月3日 > 深津絵里が昼間からビールを飲み、ソファでごろ寝のダメ女に?
メニュー

深津絵里が昼間からビールを飲み、ソファでごろ寝のダメ女に?

2008年12月3日 12:00

アラフォーのダメ作家がどう変化する?「ぼくんち」

アラフォーのダメ作家がどう変化する?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ぼくんち」「毎日かあさん」など、独特の画風で人気を博している漫画家・西原理恵子の「女の子ものがたり」が映画化され、「博士の愛した数式」(05)以来の主演作となる深津絵里が、主人公の高原菜都美を演じることが分かった。

原作漫画は、海の見える村から、山と畑と工場に囲まれた町に引越してきた少女なつみが、みさちゃん、きいちゃんという2人の友人と出会い、3人が成長していく姿を綴っているが、映画版では36歳になったなつみ=菜都美の姿が描かれる。スランプに陥り筆が進まない菜都美は、昼間からビールをあおり、たらいで水浴し、ソファで昼寝するダメ作家。そんな彼女にあきれた新米編集者の財前(福士誠治)がこぼした「先生、友達いないでしょう?」という一言に、菜都美はかつて“女の子”だった頃に、いつも一緒にいてくれた大切な友達の存在を思い起こす……。

子供時代の友情を思い出すことで前向きな気持ちを取り戻し、静かな変化を見せていく菜都美を演じる深津は、もともと原作漫画のファンだったそうで、「原作には描かれていない時代の主人公を演じたのですが、女の子から大人になった菜都美をあれこれ自由に想像しながら演じるのは、とても楽しい作業でした。迷った時には原作の中に答えがあると思い何度も読み返し、ヒントをもらって演じました」とコメントしている。

監督・脚本は「子猫の涙」で07年東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門特別賞を受賞した森岡利行。09年秋公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi